読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amonkhet Limited Set Review: Black By Luis Scott-Vargas

f:id:takewithwater:20170422225630j:plain

 

イフニルの魔神

f:id:takewithwater:20170422225919p:plain

リミテッド:5.0

 マナレシオの良いフライングにメリット持ち。その上サイクリングもあっては、どう転んでも悪くなり様がない。黒タッチをして、色マナを引かなければサイクリングで済ますなんて手もあるにはあるね。相手の全軍を弱体化させる能力は馬鹿げるほど強いので、5.0以外の点数はつけようがない。

 

悪意のアムムト

f:id:takewithwater:20170422230400p:plain

リミテッド:3.5

 絆魂があるから、こいつの場合はー1/-1カウンターを他所に置かなくちゃな。大したサイズにメリット持ち、黒にはー1/-1シナジーが多いのも見過ごせない。イカした能力に加え適切なデッキなら更に強くなるので、見た目はどうあれ使うっきゃない。

 

枯死コウモリ

f:id:takewithwater:20170422230736p:plain

リミテッド:2.5

 大抵のデッキに入るが、アグロなら猶よし。ミッドレンジなら早々にピックすべきだが、コントロールなら流してもいい。

 

骨ツツキ

f:id:takewithwater:20170422231124p:plain

リミテッド:3.5

 デッキからツツキ出そうにも粗がないや!素で十分な上、踏み倒しもできる。4マナ3/2飛行接死の段階で高スペックだ。除去との合わせ技、コンバットで相打ちした後のダブルアクション。素晴らしいテンポだ。

 

栄光の神バントゥ

f:id:takewithwater:20170422231625p:plain

リミテッド:3.5

 彼の神に栄光を与えるには一仕事いるが、それに報いる能力だ。生物をドレインと占術に換える能力はトークンデッキでなら容易だし、毎ターンパワー4威迫で殴れば速やかにゲームは終わる。もっと良いのは、ゴンティを立たせて相手のアタックを躊躇させることだ。そうすれば、無駄に生物を減らす必要がないからね。この使い方の方が賢明だが、いざとなれば供物は捧げるんだぞ。

 

野望のカルトーシュ

f:id:takewithwater:20170422232141p:plain

リミテッド:3.0

 タフ1除去(若しくはデカブツの弱体化)と少なくとも1回の絆魂アタックがセット。良いじゃない。ETBのお陰でオーラの欠点は克服されているし、+1/+1絆魂は本物の強さだ。試練がなくとも採用しよう。回避持ちやファッティが居れば文句なしだ。

 

残酷な現実

f:id:takewithwater:20170422232449p:plain

リミテッド:4.0

 7マナとはいえ、貼ったが最後速やかにゲームを終わらせる。キャストしてターンを返せば、途端に相手は重圧に襲われ出す(イラスト的には水底に引きずり込まれる?)。あっという間に場はまっさらだ。注意しておくと、生贄は強制だ。生物が居るのにライフの支払いで肩代わりは出来ない。7マナの重さに見合った強烈な効果なので、ミッドレンジやコントロールに据えられる。よっぽど押されていない限り、適当に耐えてこいつを張れば逆転できる。

 

呪われたミノタウロス

f:id:takewithwater:20170422233246p:plain

リミテッド:2.5

 威迫持ちとしては2/3より3/2の方が好きなので、《路地の絞殺者(AER)》よりこっちの方を押すね。どんなデッキには入るが、枯死コウモリと同じくアグロに入れてこそ輝く一枚だ。

 

没収

f:id:takewithwater:20170422233436p:plain

リミテッド:0.0

 根絶系スペルに言えるのはただ一つ。0点!使うに値しないよ。

 

悪運尽きた造反者

f:id:takewithwater:20170423103554p:plain

リミテッド:2.0

 単体ではチャンプ要員。まあまあだ。序盤の攻撃を防ぐ役割があるが、もし相手が2/1をコントロールしているなら困り顔になるだろうね。生贄シナジーと合わされば評価はグンと上がる。飛行デッキや、コントロール相手ならためらわず抜こう。メインカード足る性能だが、弱点も持ち合わせている。

 

戦慄の放浪者

f:id:takewithwater:20170423104017p:plain

リミテッド:3.5

 この手の生物はブロック出来ないもんだが、タップインによって欠点が緩和されている。このカードはどんなデッキ(コントロールにさえも)入れられる。低マナで相打ちが取れ、アドを回収できるからね。後半になれば場に戻すことが容易で、マナ以外の支払いは必要ない。ジャッカルなんてカッコいいクリーチャータイプに脚光が当たるのは嬉しいことだ。ジャッカル・暗殺者を持った生物が出たら、その日は『ジャッカルの日』になるだろうな。

 

砂丘甲虫

f:id:takewithwater:20170423104902p:plain

リミテッド:1.5

 ”古代ガニ”が欲しいなら、2マナにも壁役がいるぞ。それなりに止められるので、コントロールデッキなら1枚入れて良いな。

 

信者の確信

f:id:takewithwater:20170423105034p:plain

リミテッド:1.0/3.5

 このカードはデッキの中核になるカードだと確信している。アモンケット環境ならサイクリング持ち12枚以上のデッキも可能なので、コンバットせず吸い尽くすのも不可能じゃない。その場合、素キャストできないサイクリング持ちもぶち込め。1マナサイクリングは重要になるぞ。

 

ただれたミイラ

f:id:takewithwater:20170423105413p:plain

リミテッド:1.0

  -1/-1テーマのデッキなら別だが、サイド要員だと思うぞ。低タフネスを咎める性能ではあるが、メインに入れるにはパワー不足だ。

 

最後の褒賞

f:id:takewithwater:20170423105541p:plain

リミテッド:3.5

 このカードは不朽持ちだろうと朽ち果てさせる。インスタントなので、《忘却の一撃(OGW)》より重いのも肯定される。色変えをするほどではないが、黒いデッキなら必ず使うし、メインに積むカードだ。

 

グレイブディガー

f:id:takewithwater:20170423111120p:plain

リミテッド:3.5

 彼はどの環境でもアドを稼いでくれるが、サイクリングのある現環境では更に強くなる。最低でも《敏捷な革新者(KLD)》になり、上振れすれば死んだボム生物やサイクリングした7マナ生物を掘り起こす。黒タッチしてでも投入するに値する。

 

不気味な徘徊者

f:id:takewithwater:20170423111427p:plain

リミテッド:2.5

 重量級でひしめくデッキには出番はないが、大抵のデッキに入りうる。低マナカーブが理想だ。4マナ4/4になれば及第点、後半になれば6/6に成長もする(ディスカードをメリットにするミノタウロスと組むと猶良し)。

 

遺棄地の恐怖

f:id:takewithwater:20170423112030p:plain

リミテッド:3.5

 キチった強さではないが、それなりにやるヤツだよ。閾値…マチマチ…?まあいいや。5マナ4/4サイクリング持ちなので流す手はないし、6/5、果ては8/6にまで膨れる可能性がある。相手からすればどこまでパンプするか見極め辛いから、大きな脅威になる。案外、名前負けしてないのかもな。

 

心臓露呈

f:id:takewithwater:20170423112812p:plain

リミテッド:2.5

 ハンデスって自分で使うと弱いんだよな。私が使うと相手の手札が伝説持ちだらけで絶望するだろうが、他の人ならそんなことはないだろう。大抵のカードを落とせるので、《強迫/Duress》や《過酷な精査(KLD)》とは違う。

 

死の権威、リリアナ

f:id:takewithwater:20170423114018p:plain

リミテッド:5.0

 忠誠度が高すぎる。+でゾンビの軍団を呼び出し、墓地が貯まれば飛行持ちを蘇生させよう。奥義も強力だ。+起動で忠誠度が6になるので、相手が3/3飛行と複数の地上生物をコントロールしていても、返しのコンバットを生き延びて防御を固められる。圧倒的劣勢を覆せはしないが、優勢・膠着した場面に出せば勝ちは間違いなしだ。

 

リリアナの支配

f:id:takewithwater:20170423114432p:plain

リミテッド:4.5

 ゾンビや不朽が1枚もないなら4.0点ぐらいだが、それにしても5マナで3/3を2体出せる。ゾンビを揃えるのが簡単な環境なのは良いな。単体で強力なカードなので、引いたら直ぐ叩き付けてやろう。

 

呪われた者の王

f:id:takewithwater:20170423114813p:plain

リミテッド:3.5

 リリアナの支配に同じく、ゾンビを強化するカードだ。駒を揃えるのは簡単だ。単体では2/3に過ぎないので他のゾンビを必要とするが、普通の黒デッキ(数枚はゾンビいるよな?)からゾンビ部族デッキにまで幅広く入るカードだ。

 

瘴気ミイラ

f:id:takewithwater:20170423115501p:plain

リミテッド:1.5

 2マナ圏、ゾンビ(若しくは両方)が欲しければ入れてもいい。赤黒ハンドレスならお互いディスカードは効果的に働くので、いろんな状況で使えるプレイアブルなカードになるかもな。

 

スカラベの巣

f:id:takewithwater:20170423115700p:plain

リミテッド:1.0/2.0

 これは-1/-1デッキ以外では使いようがなく、仮令シナジーデッキでも目を惹くほどではない。仮に-1/-1の個数分昆虫が出たとしても、”信者の確信”のように軸にしたデッキは組めないだろうね。試していくつもりだが、”燃え立つ復讐”クラスには遠いと思うよ。

 

痛ましい教訓

f:id:takewithwater:20170423120052p:plain

リミテッド:2.5

 骨読みたいところだが、掌を読むので我慢しておこう。状況は限られるとはいえ、相手に打つ選択肢があるのは良い。3マナ2点で2ドローはそこそこだ。アグロ環境なら弱くなるので、環境速度を見極めたいところ。ライフルーズは重なると響いてくるので、3枚以上は取るなよ。

 

冷酷な待臣

f:id:takewithwater:20170423120607p:plain

リミテッド:3.0

 サイクリング誘発カードは、見た目以上に厄介だ。こいつでアタック、若しくは壁に構えるだけで、相手はリスクを負った行動に迫られる。1マナサイクリングは是非とも用意しとけよ。サイクリングが3~4枚でも使うが、流石に0枚ともなると生存できないぞ。

 

疫病吹き

f:id:takewithwater:20170423204802p:plain

リミテッド:3.5

 もし"悪運つきた造反者”と組めば勝ったも同然、他の生物に-1/-1カウンターを肩代わりさせてもこのカードは強烈なクロックになるだろう。しっかりとシナジーを構築できたなら、こいつの強さは天井知らずだ。

 

無情な狙撃手

f:id:takewithwater:20170423205837p:plain

リミテッド:2.0/3.5

 デッキの核になるカードとはいえ、サイクリングが少なくとも悪くはない。8枚くらい取れてれば、化物と化す。負けはないだろう。タフ1を始め生物を瞬く間に打ち抜き、相手はアタックしようにもできなくなる。

 

スカラベの饗宴

f:id:takewithwater:20170423212145p:plain

リミテッド:2.0

 1マナサイクリングって見た目より強くない?シナジー抜きで使おうとは思わないが幸い黒にはコンボを組める相方が豊富に居る。パックの半ばで拾えて喜ぶ類のカードだな(《発火器具(AER)》みたいに)。最悪…弱い使い方ではあるが相手の不朽持ちを掃除することだってできる。

 

葬送の影

f:id:takewithwater:20170423212652p:plain

リミテッド:1.0

 《予言/Divination(DKA)》相当の動きをするにも、前提がきつくなる。元を取るためには大量の1マナサイクリングと5~6マナがかかる。使いたいなら、構築でやってくれ。

 

魂刺し

f:id:takewithwater:20170423215607p:plain

リミテッド:3.0

 単体では死亡時にー1/-1を2つ移す2/3だ。それだけでも地上生物への牽制になるし、生贄エンジンと組み合わさればアドを取れる。こいつの上に他のー1/-1カウンターをのっけて死亡時の修正を高めることも出来れば、他の生物に肩代わりさせて4/5として振る舞うことも出来る。サイズに加えてシナジーも期待できるのだから、色さえあればどんなデッキにも入りうるね。

 

華麗な苦悶

f:id:takewithwater:20170423215916p:plain

リミテッド:3.0

 バットリ、小粒除去、-1/-1シナジー。1枚に3つの役割が詰まってる。相手方がー1/-1デッキならマズいものの、コモンの中では上位に位置する1枚だ。

 

砂の攪拌

f:id:takewithwater:20170423220316p:plain

リミテッド:3.5

 モード選択ができ、どちらも強い。理想は素打ちだが(6点クロックの方が2点+1ドローより価値があるからね)、選択肢があるのは良いことだ。沢山体を震わせながら打つんだぞ!

 

超常的耐久力

f:id:takewithwater:20170423221139p:plain

リミテッド:1.5

 1マナバットリは使いやすく、ETB能力を再誘発させてくれる。ただ、不朽持ちとは相性が悪いようにデザインされている。沢山積む必要はないが、生物の多いデッキなら1,2枚差して良いよ。

 

侵入者への呪い

f:id:takewithwater:20170423222107p:plain

リミテッド:0.0

 ごんなゴミを君のデッキに侵入させるな!トップすれば紙屑、序盤に出しても大した役割はなさない。1枚分の働きもしないぞ。

 

野望の試練

f:id:takewithwater:20170423222244p:plain

リミテッド:1.5/3.0

 こいつは妙だな。単体ではエディクトだ(悪魔の布告から名が採られた)。リミテで布告除去は弱い。中には効くデッキはあるとはいえ、大多数には効果が薄い。面白いのはカルトーシュと組んで再利用するようになってからだ。お試し除去どころか定期除去へと早変わりする。連打すればいずれ大型生物も食いだすようになる。マナコストが軽いのがここで活きてくるぞ。

 

荷下ろし

f:id:takewithwater:20170423222931p:plain

リミテッド:3.0

 「汝の手札は重い。その荷を下ろせ」

 優秀なサイクリングカードがまた増えた。3マナ2ハンデスは効率が良く、相手の手札がないときや土地詰まりの際にはドローに換えられる。

 

死後の放浪

f:id:takewithwater:20170423224245p:plain

リミテッド:2.5

 こいつはニコイチ+サイクリングがセットになったカードだ。荷下ろしほど見るカードではないだろうが、それでも悪くないよ。生物2体回収は息切れ防止になり、サイクリングのお陰で腐る心配がない。

 

不毛地の蠍

f:id:takewithwater:20170423224511p:plain

 リミテッド:3.0

 2/2接死に、サイクリングまでついてる。色さえあれどんなデッキにも入れるし、流す手はない。

 

不帰/回帰

f:id:takewithwater:20170423224629p:plain

リミテッド:4.0

 無条件除去に、トークン生成までついてる。云うことなし。

 

黒のコモン5選

5:魂刺し

4:荷下ろし

3:華麗な苦悶

2:遺棄地の恐怖

1:最後の報賞

 

 1位と2位は3位以下とは別格のカードだ。他のプレイアブルなコモンもあるので、3位以下が変動する可能性はある。サイクリングのお陰でプレイアブルが多く、アモンケットの黒はサイクリングとシナジーを形成するカラーだ。