読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amonkhet Limited Set Review: Red By Luis Scott-Vargas

https://www.channelfireball.com/articles/amonkhet-limited-set-review-red/

f:id:takewithwater:20170424102145j:plain

 

《アン一門の壊し屋(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424102217p:plain

リミテッド:3.5

 こいつには参ったね。アタックに参加すれば最大のブロッカーを排除するから、アンタップしなくても構わない。余程のコントロールでもない限り、アグロ含めどんなデッキにも入るよ。

 

《戦場のゴミあさり(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424102433p:plain

リミテッド:2.5

 2マナ2/2の中ではマシな方だ。成立するか怪しいが、督励ばかりのデッキでならより活躍できるだろう。

 

 《猛火の斉射(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424102954p:plain

リミテッド:0.5

 あってサイド、しかも大して強くない。この環境にタフ1は少ない。

 

《血に飢えた振起者(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424103052p:plain

リミテッド:0.0

 物議を振起するかもしれないが、1/1におまけがついた程度じゃカードではない。トップしたらキレそうな弱さだから、キャストもしたくないよ。

 

《血怒りの喧嘩屋(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424103248p:plain

リミテッド:3.5

 怒りと言えば、こんなのに負けたらイラっと来るだろうね。除去さえあればアドになるんだが、2マナ4/3への解答は遅くちゃ間に合わない。赤には手札枚数を参照するカードもあるので、デッキによってはデメリットですらなくなるから喜んでピックするだろう。デッキを選ぶカードだが強力。リスクに見合うだけのコスパを持っている。

 

《凶暴な力(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424103925p:plain

リミテッド:1.5

 生物を生き延びさせるバットリが好みだが、これには当てはまらない。とはいえダメージは沢山通せる。使ってアグロデッキだけかな。

 

《力ずく(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424104104p:plain

リミテッド:0.0

 アーティファクトデッキへのサイド…というかそんなデッキあるのか?数が少ないし、おまけにどれも大して強くないぞ?

 

《激情のカルトーシュ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424104456p:plain

リミテッド:1.0/3.0

 ミッドレンジ・コントロールではまるで役立たず、一方ビートでは速度を高めるために評価が2分されるカードだ。《アン一門の壊し屋(AKH)》と組めば速やかにゲームが終わる。アグロならぜひ積もう。

 

《戦闘の祝賀者(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424104659p:plain

リミテッド:3.0

 強いが、ボムではない。最初のアタックで相打ちするだろうから、督励しておけば他のアタッカーのダメージを倍化できる。目指すべきは《激情のカルトーシュ(AKH)》などのブロック不可能力と組み合わせ、こいつをブロックさせないことだ。4点はダメージとしちゃデカいので割に合ってるだろ。

 

《焼き尽くす熱情(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424105217p:plain

リミテッド:1.0/2/5

 これもカルトーシュと同じく、アグロ専用カードだ。赤のカードってのは浮き沈みがある。除去でアド損するリスクはあるが、ハマった時は速やかに相手を削り切る。

 

《蓋世の誉れ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424110210p:plain

リミテッド:4.0

 厳密には3.75。3.5よりは強いが、4.0には劣る。ランク付けでうだうだ言っても仕方ないんだけど、中間辺りなんだ。まあいい、こいつは良いぞ。5マナで打てばあらゆる生物を除去でき、サイクリングすれば小粒相手にアドを取れる。インスタントなのも申し分ないな。

 

砂漠セロドン

f:id:takewithwater:20170424110426p:plain

リミテッド:3.0

 デカブツに1マナサイクリング。弱い場面がない。使おう。

 

《感電(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424110820p:plain

リミテッド:3.5

 大型は無理だが、大体の生物に対処できる。流そうなんて思うなよ。見たら即ピックだ。

 

《燃えさし角のミノタウルス(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424111237p:plain

リミテッド:3.0

 素のサイズが優秀なことに加え、必要とあらば5/4威迫に変貌する。アグロ向けとはいえ、色さえ合えばどんなデッキにも入れるね。

 

《炎刃の達人(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424114103p:plain

リミテッド:1.0

 構築はともかく、リミテでは可能性ないなあ。素のサイズが小さいし、サイクリングでパワーを1上げた程度じゃ活躍できない。

 

《投げ飛ばし(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424120019p:plain

リミテッド:1.0/2.0

 シナジーを組む場合はあるが、多くのデッキではプレイに値しない。こいつをまとも(「良い」ではない)なレベルにするには、投げ飛ばすに足る高パワーの生物を揃えなきゃならん。《悪意のアムムト(AKH)》みたいな、-1/-1を沢山のっける生物と合わせ技にすればデメリットを緩和できるが、それにしても使って嬉しいカードではない。

 

《栄光の幕切れ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424121033p:plain

リミテッド:0.0

 異論はあろうがいわせてもらう。こいつは使えない。だって、有用な場面が少なすぎる。次のターンに確実に仕留められる状況が必要であり、「追加ターン」とは違うため相手は土地も生物もアンタップしてしまう。第一メインで動きがなくアタックを仕掛けてきたならようやく使えるようになるが、それでも削り切らなければならない。

 そりゃあ、勝てる場面だってあるだろう。でも騙されるな。大多数の場面でハンドで腐る。負けを勝ちにひっくり返すポテンシャルがあったって、好きになれないな。私ならデッキに入れない。

 フレーバーはどうあれ、カードの性能としてはひどいよ。

 

《栄光をもたらすもの(AKH)》

f:id:takewithwater:20170424123812p:plain

リミテッド:5.0

  神話レアじゃないのかこれ…。除去能力が狂っているので、次ターンアンタップしなかろうが5.0から下げようがない。いやこれ神話の強さだろ。

 

《過酷な指導者(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425062328p:plain

リミテッド:2.5

 もし熊生物が不足してるならほら、おまけつきだ。《扇持ち(AKH)》への牽制にもなるが、基本は2マナ2/2扱いだろうね。構築とは違って。

 

《熱烈の神ハゾレト(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425063154p:plain

リミテッド:4.0

 ハゾレトの顕現条件は緩く、自身で貢献する。アグロにぴったりのカードだ。上振れしたときが凄まじいからミッドレンジにも入れるだろうが、受けに回るのが弱いのが難点だ。手札が多くて守勢のときは、無理に起動しなくていいぞ。

 

《ハゾレトの指名(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425071827p:plain

リミテッド:1.0

 生贄が必要なのはどうもなあ。こいつを使うには、後続を供給し続けて生贄が気にならないくらいのプレッシャーを与えねばならない。上手くいきそうに思えないな。とはいえ、脅しつけ効果で奪った生物とのコンボは楽しそうだ。

 

《心臓貫きのマンティコア(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425073149p:plain

リミテッド:4.5

 不朽に加えて、火力2回セットになっている。投げ飛ばしとはいえ、4/3不朽がついてくる。素で強いので、投げ飛ばしは狙わなくていいよ、勿論ハマった時の強さは言うまでもないが。

 

《ハイエナの群れ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425080831p:plain

リミテッド:2.5

 典型的な空き埋めカードだな。レシオがそこそこなので取っていい。見た目強そうだけど、アグロでもコントロールでもパッとしないぞ。

 

《結束の限界(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425083210p:plain

リミテッド:3.0

 こいつは厄介だ。サイクリングのお陰で死に札にならず、攻勢のときにはとても良く働く。サイクリングで欠点を克服したので、どんなアグロにも入れられるな。

 

《マグマのしぶき(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425084324p:plain

リミテッド:3.5

 不朽持ちへの対処手段になるから、仮令環境にタフ3以上がゴロゴロしてたって上級除去だ。コンバットとの合わせ技も出来るし、そのままだって3マナ以下への除去にもなる。

 

《打擲場のマンティコア(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425090500p:plain

リミテッド:1.5

 最後の一押しになることだってあるかもしれないが、イマイチだなあ。アグロの5マナ圏を埋めるぐらいか。赤にはー1/-1シナジーがさほどないから、見た目ほど強くない。

 

《ミノタウルスの名射手(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425091834p:plain

リミテッド:3.0

 いいじゃん。マナレシオの良さに加え、2つのメリット能力。攻防に秀でているから、早々にピックすることにしよう。

 

《ネフ一門の鉄球戦士(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425092921p:plain

リミテッド:2.5

 序盤は2点、ブロッカーが出てきたら督励。アグロの2マナ圏にぴったりだね。

 

《捷刃のケンラ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425094538p:plain

リミテッド:1.0

 赤青呪文デッキ(成立してほしいところだが)にしか入らない。これを入れてるようじゃ負け犬だぜ。

 

《道拓きの修練者(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425094719p:plain

リミテッド:3.0

 序盤はアタッカー、後半はそれを通す係になる。ライフが一桁ともなれば脅威になるから、除去しなければならない(普通、2マナは後半は用無しのハズだろ?)。とはいえ、アグロ以外では使うなよ?

 

《栄光の探究(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425102619p:plain

リミテッド:1.5

 耳を聾するほど言ってきたけど、こういうサイクリングは良いんだって!能力は然して強くないけど、決して無駄にならない。

 

《損魂魔道士(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425105606p:plain

リミテッド:1.0

 《捷刃のケンラ(AKH)》よりもサイズが悪いな。この《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》はリミテより構築向けだ。二つ目のテキストは書いてないに等しい。

 

《焼けつく双陽(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425110245p:plain

リミテッド:4.0

 全体3点火力に新たな仲間がやってきたぞ。限定的なカードをサイクリングで有効活用するのがアモンケット環境の鍵だから、アグロでさえ入れるカードだ。

 

オナガトカゲ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425132044p:plain

リミテッド:3.0

 後半4/4も難しくないし、うまく組めれば達成は速くなる。デッキを軽めに寄せれば、活躍間違いなしだ(私は重いスペル好きだけど)。

 

《苦しめる声(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425133524p:plain

リミテッド:1.5

 

 ルーティングって評価に困るよな。全くの役立たずではないが、爆アドを稼ぐワケでもない。個人的には使いたくない…アモンケットにはサイクリングが豊富にあるし、こいつは単体で何もしないんだ。

 

《激情のカルトーシュ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425134427p:plain

リミテッド:3.5

 焼いてよし、戻してよし。強し。

 

《信念の双子(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425134528p:plain

リミテッド:1.5

 督励デッキが成立するかはさておき、これは単体でも働く。横に並ぶデッキで5マナが空いてれば出番だ。

 

《暴力的な衝撃(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425135040p:plain

リミテッド:1.0

 スクリューにつけ込めるって言ったって、サイクリングテーマやカードが足りない以外ではこんなの使いたくない。

 

《戦炎の投槍手(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425135217p:plain

リミテッド:1.0/3.5

 スペルデッキでなら大火、他ではボヤ止まりだ。デッキの軸になるカードは好きだ。7枚以上スペルがあれば入れてよし、10枚を超えればデッキで最強のカードになる。

 

《嘲笑+負傷(AKH)》

f:id:takewithwater:20170425135733p:plain

リミテッド:3.5

 余波カードの中でも、1Tに両方使うカードの代表例だ。生物と本体に4点、アタッカーのダメージを倍できるなら喜んで6マナ払うよ。アグロだろうとなかろうと、赤なら先ず積んでいい。

 

赤のコモン5選

5:《ミノタウルスの名射手(AKH)》

4:《砂漠セロドン(AKH)》

3:《燃えさし角のミノタウルス(AKH)》

2:《マグマのしぶき(AKH)》

1:《感電(AKH)》

 除去2つ、レシオの良い4マナ、サイクリングつき6マナ、能力持ちの3マナ2/3。赤はバラエティ豊かだな。この5枚の他にも良いのは沢山ある。アグロ向けのカードが多いが、コントロールもやれないことはなさそうだ。