読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amonkhet Limited Set Review: Green By Luis Scott-Vargas

f:id:takewithwater:20170426152531j:plain

 

《ロナスの施し(AKH)》

f:id:takewithwater:20170426153406p:plain

リミテッド:1.0

 マナかかる割にしょぼくない?5枚はエンチャントを積まないとならないし、引けるカードは時の運、おまけにスカる危険もあるなんて。

 

《苦刃の戦士(AKH)》

f:id:takewithwater:20170426153738p:plain

リミテッド:3.0

 こいつを使って苦い思いをすることはないな。序盤はそのまま、後半でも壁を気にせず突っ込んでいける。防御的には使えないが、2マナが足りないなら入れよう。

 

《活力のカルトーシュ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170426154532p:plain

リミテッド:3.5

 格闘系の中でも上位だぞ。3マナで格闘に加えて+1修正とトランプルもついてくる。試練サイクルとのシナジー抜きにしても優秀だ。トップコモン、流そうなんて思うな。

 

《ロナスの勇者(AKH)》

f:id:takewithwater:20170426154928p:plain

リミテッド:4.0

 後半では丘巨人だが、4~6T目の暴れっぷりを考えればどうってことない。4マナ以上の生物を叩きつけられたら素晴らしいテンポ、3マナだってブラックロータス相当だ。3/3のサイズのお陰で最低相打ちアタックになるので、督励とかみ合ったサイズだな。

 

《媒介者の修練者(AKH)》

f:id:takewithwater:20170426155715p:plain

リミテッド:4.0

 点数高すぎ?だって名前に「チャネル」入ってんだもん!真面目に話せば、後半成長するマナクリがたったの2マナなんだ。2T目に出せば、テンポと後半のアタッカーが両方ついてくる。イカサマだ。トップしたときは弱いけど、それを補って余りあるメリットさ。

 

《巨大百足(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427220809p:plain

リミテッド:1.5

 たまに使うことはあっても良いし、使わなくても良い。単なるバニラは好きになれんね(チョコピーナッツバターが好きだ)。強力なカードひしめくセットでは、優先するカードは他にあるぞ。

 

《横断地のクロコダイル(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427220956p:plain

リミテッド:3.5

 突然躍りかかって相手の喉笛を食いちぎるのを思えば、自軍の生物の味見くらい許してやろう。シナジー抜きに強いが、あれば猶良し。

 

《好戦的な巨口(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427221624p:plain

リミテッド:3.0

 最低でも3マナ2/3。強くはないが、デッキに入るレベルだ。カウンターシナジーが強くなるにつれ真価は発揮されるが、薄くとも微アドはとれる。2マナ圏にカウンターを肩代わりさせりゃ、3マナ4/5のカバの出来上がりだ。

 

《造反者の解放(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427221939p:plain

リミテッド:1.5

 1マナサイクリングは他のサイクリングより評価高なんだが、素打ちの弱いこいつには当てはまらなさそうだ。サイクリングシナジーがあれば良し、なければ数合わせかサイド要員だろう。

 

《活力の模範(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427222850p:plain

リミテッド:3.5

 《牙長獣の仔(KLD)》を思い出すな。2Tに出たこいつを止められなければ最後、どんどん成長していく。後半トップしたらアタックは厳しいが、他の生物におっつけて4/4としてお出ましも可能だ。《スカラベの巣(AKH)》辺りとのシナジーも形成するので、総じて単体で強く、シナジーデッキなら弥増すカードと言える。

 

《大蜘蛛(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427223207p:plain

リミテッド:2.0

 防御寄りの緑系なら贔屓するやつだ。敵の生物をからめとってくれる。引っ張りだこになるカードじゃないが、環境に3/3が多ければ八足六臂の活躍を見せるぞ。

 

《楽園の贈り物(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427224243p:plain

 重たいマナ加速圏色サポートねえ…。2色環境らしいアモンケットではお呼びじゃないな。3色でもない限り、こんな贈り物は勘弁だ。

 

《大いなるサンドワーム(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427224250p:plain

 リミテッド:3.0

 『砂の惑星』にこんなの居たな。後半のファッティ、序盤のサイクリング。デッキから抜くわけにはいかんね。

 

《ハパチラの刻印(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427225333p:plain

リミテッド:1.0

 バットリというよりは除去回避カードだ。カウンターデッキでなら多少はマシになる。専用デッキに入るかも怪しいので、除去デッキへの軽量サイドカードに落ち着くだろう。カウンターデッキで必須と思う人も多いだろうが、腐ることを考えればそんなに良いもんじゃないぞ。

 

《収穫期(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427225350p:plain

リミテッド:0.0

 不作だな。丹精込めて育てても、まっずい実しか結ばない(野菜?まあいいや)。複数体タップ出来てる状況でなら土地はもういらず、3T目に2枚(1枚?)ランプするなんて夢のまた夢だ。

 

《花粉のもや(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427232050p:plain

リミテッド:0.5

 フォグは接戦で役に立ち、空きターンにサイクリングすることもできる。一見理に叶っているように思うが、サイクリング3マナは重すぎる。サイドに仕込んでおいて、《踏み荒らし/Overrun(TMP)》系相手にインしよう。

 

《名誉あるハイドラ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427232101p:plain

リミテッド:4.0

 マナ相応のサイズに、極めて軽い不朽コスト。あらゆるデッキに入る名誉に浴す1枚だ。緑タッチするのも頭に置いておこう、初手カードだぞ。

《頭巾の喧嘩屋(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427232707p:plain

リミテッド:2.5

 3/2の弱点は2マナ圏との相打ちなんだが、こいつは相手の大型と相打ちが取れるぞ。毎ターン2.5点のダメージはそう悪いもんではなく、ブロッカーがいなければ督励せずに3点クロックを刻める。

 

《修練者の相棒(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427232716p:plain

リミテッド:1.5

 -1/-1カードを考えると、今回の環境ではタフ1は弱そうだ。アンタップ効果は強くもないし達成も難しい。デッキに入れても良いが、あってもなくても猫の尻尾だ。

 

《刻み角(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427233822p:plain

リミテッド:0.5

 君のドラフト環境がマルドゥ機体で溢れてでもいない限り、サイド要員だ。(アーティファクトが殆どないのだからインすることはないだろうが)

 

《ナーガの生気論者(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427233832p:plain

リミテッド:3.0

 2マナのマナクリはいつの世も貴重なので、こいつが活躍しないワケがない。不朽とサイクリングのお陰でフラッド受けは叶うし、マナ加速はアモンケットで重要だ。

 

《オアシュラの耕作者(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427234605p:plain

リミテッド:1.0

 動画のコメントでは-1/-1と相性が良いってあったけど、どうかなあ。多少は役立つかもしれないけど。カウンターシナジーの濃いデッキなら1.5点つけても良いが、にしても魅力に欠けるカードだ。

 

《気性の荒いクーズー(AKH)》

f:id:takewithwater:20170427234612p:plain

リミテッド:2.5

 単体ではモードを選べる3マナ2/3だ。カウンターシナジーが濃く、カウンターをおっつける先があるのなら《亢進するサイ(KLD)》を思わせる高レシオの生物になってくれる。

 

《飛びかかるチーター(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428110104p:plain

リミテッド:1.0

 パッとしないレシオに瞬速がついてても、ピックに走る類ではないな。プレイすることはないだろうが、キング・チータを思い出すカードだ。この手のカードは変わらないね。

 

《うろつく蛇豹(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428110112p:plain

リミテッド:4.0

 名前が頂けないな。なんだよ豹蛇って!?(有志の解説を求ム)名前はともあれ、イカしたマナレシオに加え、時には機能するメリット能力も持ち合わせている。

 

採石場の運び屋(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428111647p:plain

リミテッド:3.0

 環境の要請に答えられる4マナ4/3のサイズに、ちょっぴりプラス効果がついてくる。自軍の強化にも、相手の弱体化にも使えて対象に困らないだろうから、色さえ合えばどんなデッキにも入れるね。

 

《不屈の神ロナス(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428111704p:plain

リミテッド:4.0

 神サイクルの中でも圧倒的に顕現条件が緩いカードだ。何せパワー2と3マナで叶うんだから。受け止めことも不可能で、たったの3マナ。神の中でも最強だ、こいつを止めることは出来ないぞ。

 

《サンドワームの収斂(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428112307p:plain

リミテッド:1.0/3.5

 いざ設置できれば途轍もない影響を与えるが、8マナというコストも途方もない。大方のデッキは唱えられないが、ランプデッキが組めたならゲームエンドカードとして機能する。こいつを見たらサイクリングと除去をかき集めて、キャストまで生き延びられる構築に修練するぞ。

 

《鱗ビヒモス(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428112315p:plain

リミテッド:3.0

 これ1枚で勝てる状況も多そうだから、あとでこっそり3.5に上げるかもな。除去を構えてホクホクのところに叩きつけられたら絶望しかない。接死にだけは弱いが、それを除けば対処が非常に厳しいカードだ。

 

《弱さからの脱皮(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428113249p:plain

リミテッド:2.0

 バットリは軽さが命だ、こいつも弱くないぞ。1マナで+2/+2修正は割に合うし、プラス効果のおまけつき。-1/-1シナジーに寄せる必要はないが、あれば猶良し。

 

《シェフェトのオオトカゲ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428113302p:plain

リミテッド:3.0

 《大いなるサンドワーム(AKH)》のサイクリングと違って、4マナともなれば分割カードみたいなもんか。とはいえドローつきのランプは良いもんだし、呪文よりも生物が欲しければ6マナ6/5になる。ピックして損はない。

 

 《第六感(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428113922p:plain

リミテッド:0.5

 使うには飛行持ちが多数必要だし、それでも強いとはいいがたい。嫌なのはこいつのせいで《這い寄る刃(AKH)》が肯定されると言われかねないことだ。リミテッド舐めてる。片方あるからって、もう片方が肯定されるなんて思うなよ。ザコカードが2枚セットで漸くマシ(除去耐性なし)になったからって、リミテッドはそんなんじゃ勝てないぜ。

 

《蜘蛛の掌握(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428113944p:plain

リミテッド:1.5

 督励を起こす他にも飛行を止められるバットリだ。でも3マナはイマイチだなあ。気は乗らないが、バットリが欲しいときには採用するか。

 

《苦しめる一射(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428114558p:plain

リミテッド:2.5

 言わせてもらうが、こいつはメインから入れるカードだ。2戦に1回は飛行を撃ち落とせるし、対象がいなければサイクリングしてしまえる。4マナ相当の飛行を1マナで落とせるのは効率が良いし、2マナサイクリングも悪くない。

 

《同期した一撃(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428114607p:plain

リミテッド:3.0

 大暴れ出来るカードなので、クリーチャーカウントさえ多ければどんなデッキにも入れられる。1:2交換を取るのは容易く、督励とのコンボも出来る。それにライフレース時のアンタップは強力だ。

 

《活力の試練(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428115628p:plain

 リミテッド:2.0

 カルトーシュがなければプレイアブル。1枚でもあればグッと強くなる。3.0に上げていい。

 

《生類の侍臣(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428115652p:plain

リミテッド:4.0

 高レシオに強力な能力。初手間違いなしだ。場に出てるだけで後続を補給し続け、場を動物で埋めるまでの間をそのボディで凌いでくれる。

 

《用心深いナーガ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428120140p:plain

リミテッド:3.0

 簡単にニコイチとれるな。序盤は相打ち上等のアタック、後半はチャンプになろうとも1ドローに換えられる。最低サイクリングになるので、相性の良いバットリを打つリスクも低い。

 

《食餌+給餌(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428120148p:plain

リミテッド:3.5

 3マナ3/3にプラス能力がついてくるなんてカバげてるな。給餌モードで引ける枚数は少ないだろうが、それでもこのカードは上質だ。あくまでおまけなので、デッキを歪めてまで3マナパワー3を詰め込もうとするなよ。

 

コモン緑5選

5:《苦刃の戦士(AKH)》

4:《採石場の運び屋(AKH)》

3:《大いなるサンドワーム(AKH)》

2:《ナーガの生気論者(AKH)》

1:《活力のカルトーシュ(AKH)》

 

 緑のコモンは冴えんね。上二つは優秀だが、あとはグッと下がる。カウンターシナジーが強力なら5位は《気性の荒いクーズー(AKH)》になるし、《弱さからの脱皮(AKH)》の評価も上がる。