読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amonkhet Limited Set Review: Gold, Artifacts, and Lands By Luis Scott-Vargas 

https://www.channelfireball.com/articles/amonkhet-limited-set-review-gold-artifact-and-land/

f:id:takewithwater:20170428145005j:plain

 

《アン一門の勇者(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428145021p:plain

リミテッド:3.5

 一流のカードではないが、4マナ4/4はいつだってマナカーブを埋めてくれる。能力は督励を起こしたりダメージレースで警戒能力として働くが、見るべきはこのサイズだろう。

 

《風案内のエイヴン(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428145038p:plain

リミテッド:4.0

 とんでもないな。単体で強いうえに、トークンに対して多大な効果を与える。デッキの核になるカードが単体で強いと嬉しいものだが、こいつは好例だな。早めにピック出来たら意識していいが、トークンカードを逃したって悲観することはない。

 

《ルクサの恵み(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428145717p:plain

リミテッド:4.0

 なんと恵み深いカードか。たった4マナで、代わりばんこの1ドローと3ドローが毎ターン訪れる。設置にターンがかかっても構わないよ。マナの出るターンに、手札に溜まった賜物もついでに吐き出せるんだから。

 

《潰滅甲虫(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428145728p:plain

リミテッド:4.0

 カウンターシナジーはこのアンコモンを中心に回ると言っていい。それに単体で強いのは良いことだ。後半取れると思うな、キャストできるプレイヤーは喜んでピックするからな。気を付けてくれ、こいつはー1/-1カウンターの「移し替え」じゃない。自軍のカウンターを取り除かなくとも相手を弱体化できる。動画では間違えちゃったけど。

 

《奇怪なドレイク(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428150616p:plain

リミテッド:2.0/3.5

 スペル偏重デッキでなければぎりプレイアブル。1枚でもスペルがあれば使用に足る。赤青なら難しくないだろ?適切に組めれば、マナコストに見合わぬ高性能フライヤーになる。

《毒物の侍臣、ハパチラ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428150623p:plain

リミテッド:3.5

 使用にはちと手間がかかるが、それに見合う仕事をしてくれる。自身のアタックを通すのは骨が折れるので、どれだけカウンター設置カードを使うで決まる。1体でも接死を出せれば十分だし、うじゃうじゃ呼び出せたらボムになる。早めにピックしよう、後半トップしたら弱いカードだけど。

 

《名誉ある門長(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428151201p:plain

リミテッド:3.0

 既に白赤なら、こいつは素晴らしい2マナ圏だ。とはいえ序盤にピックして色を確定するのはおススメできない。優秀なカードとはいえ、ボムには遠い。横に並べれば効果は増大するが、大抵のデッキではこの能力はおまけだ。

 

《ケンラの戦車乗り(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428151206p:plain

リミテッド:3.5

 優秀なレシオに優秀な効果。これも序盤に取るべきカードの一つだが、色を決めるには至らない。赤緑デッキなら3.5点つけられるが、《潰滅甲虫(AKH)》とは違うのが難しいところだ。《潰滅甲虫(AKH)》なら喜んで初手取りし、黒緑に行ったりタッチできる。ところがこっちは序盤に出すべきカードなので、タッチは出来ないんだ。

 

《無慈悲な投槍手(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428151738p:plain

リミテッド:4.0

 かゆいところに槍が届くカードだ。単体で強力、コンバットを崩壊させ、おまけに赤黒のハンドレス戦略ともシナジーする。《無慈悲な処刑人/Merciless Executioner(FRF)》などともコンボを組めるので、色を決めるのに申し分ないカードだ。

 

《蓋世の英雄、ネヘブ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428151939p:plain

リミテッド:4.0

 騅のように優秀な獣だ。最終的には4/2先制攻撃になるが、自己完結しているお陰で達成は速い。このカラーなら牛さんを数頭放牧するのは簡単なので、ロードとしての機能も夢じゃない。

 

《自然に仕える者、ニッサ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428152900p:plain

リミテッド:3.5

 自衛手段がないのはプレインズウォーカーとして大きな欠点だ。+の修正値が大きく、0能力で後続を呼び出すのは簡単ではあるのだが。後半ともなれば、X火力の働きをする。8マナで出せばイッキに本体10点を飛ばせる。守れる構築ならニッサはゲーム終盤に働く優秀なカードだが、本物のボムと呼ぶにはちと物足りない。

 

《造反の代弁者、サムト(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428152907p:plain

 RoboRoseWaterのイラストに似ているが、こいつはリミテッドのボムだ。瞬速速攻と奇襲性が高く、一度に大ダメージを与え、後続に速攻を与える。タップ能力を起動できなくとも構わない。普通の赤緑に入れるだけでも文句はつけられない。

 

 《影嵐の侍臣(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428153825p:plain

リミテッド:3.0

 大抵の黒青なら積んでいいが、サイクリングは殆どないのなら抜いても良い。相手から見ればこっちがサイクリングを抱えているか分からないので、アタックへの抑止効果がある(実際握っていなくてもね)。

 

《ナクタムンの侍臣、テムメト(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428154024p:plain

リミテッド:4.0

 この熊は不朽すると真価を発揮する。自身を対象にし、アンブロとして殴り出す。他の不朽持ちに修正を与えることも出来るので、どう使っても強いカードさ。

 

《むら気な召使い(AKH)》

f:id:takewithwater:20170428154814p:plain

リミテッド:3.5

 ゾンビは戦略として有効そうだ。こいつは序盤はアタックで、後半は能力で相手のライフを奪い取る。ゾンビが足りなければバニラ止まりだが、相手には分からないので除去を切ってくれるかもな。

 

水流織り

f:id:takewithwater:20170428154824p:plain

リミテッド:4.0

 コンバットに参加できるソルリングだって!?言い過ぎにせよ、こいつは強力だ。3T目に出せたらぶっ壊れだし、アモンケットなら後半だってマナの使い道はある。

 

《徹頭+徹尾(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430135645p:plain

リミテッド:3.5

 6マナ確定除去に1/1がついてくるならプレイアブルだし、マナの支払いを分割できるのだからそれよりずっと強い。

 

《粉骨+砕身(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430135658p:plain

リミテッド:1.0

 3マナの《マナ漏出/Mana Leak(_BR)》にも、アンタップ阻害にも魅力は感じない。弱い能力が合わさったからって、使えるようになるとは言えないんだ。

 

《天導+先導(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430140034p:plain

 リミテッド:3.5

 転導は良いバットリだし、先導との相性もいい。手札に抱えておいて一挙に打つのはステキだが、そんな贅沢プレイはいつでもできるワケじゃない。

 

 《先手+必勝(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430172406p:plain

 リミテッド:0.5

 先手はサイドに積んでもいいかな。とはいえ必勝がソーサリーなのを鑑みるとこのカードは弱い。

 

《開拓+精神(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430172620p:plain

リミテッド:2.5

 ランプデッキならどちらも喜んで唱えたい能力だ。それ以外ならギリ及第点か。3マナ土地加速は弱いが、6マナ2ドローの方がフラッドの受けになる。総じて見た目よりずっと強いカードだ。優秀なカード、とまでは呼べないが。

 

《枕戈+待旦(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430172918p:plain

リミテッド:3.5

 初手級のカードだ。両方合わせニコイチが取れ、沢山のライフをもたらす。両方を1ターンで打つのは少なそうだ、何故なら枕矛はバットリとして、待旦は後々に除去として使うからだ。+2/+2修正を与えてコンバットを生き残った生物が更に格闘をして生き残るのは厳しそうだ。白い方だけでプレイアブルだが、緑をタッチしても良い(片方だけでプレイアブルな余波カードは良いね)。

 

《腹背+面従(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430173455p:plain

 リミテッド:1.5

 リミテでこの手の遅延カードは強くない。脅威への対処ではなく、出るターンを単に遅らせるだけだ。稼いだ時間でゲームを決められるほどリミテッドは速くない。

 

《貧窮+裕福(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430173710p:plain

リミテッド:4.0

 自分で使うと弱いが、相手に使われるときつい。除去と合わせると更に効果が増すカードだ。例えば相手が2/2と5/5をコントロールしているとしてみよう。相手のエンドに小さい方を落とし、こちらのターンで裕福をプレイすれば楽しいことになる。まるっきり無理な話じゃないだろ?それに全体-2/-2も使い出があるので、二つ合わせて強力なカードになる。

 

《木端+微塵(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430174120p:plain

リミテッド:4.5

木端だけで初手級なのに、ゲームエンド能力の微塵もついてくるなんてぶっ壊れ。ボムなので、流すことはそうそうないよ。

 

《驚天+動地(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430174147p:plain

 リミテッド:4.0

 驚天をX=0で打つことは多そうだ。動地の方が盤面へ与える影響は大きい。とってもイカしたカードで、しかも扱いが簡単だ。

 

碑サイクル

f:id:takewithwater:20170430174742p:plain f:id:takewithwater:20170430174730p:plain f:id:takewithwater:20170430174709p:plain f:id:takewithwater:20170430174645p:plain f:id:takewithwater:20170430174626p:plain

 リミテッド:1.0(《オケチラの碑(AKH)》のみ2.5)

 このサイクルはたいていクソ弱いのでひとまとめにした。マナコスト軽減はカード1枚を使ってやることではなく、《オケチラの碑(AKH)》以外はデッキに入れる価値はない。

 

《権威の殿堂(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430175440p:plain

リミテッド:4.0

 氷の干渉器がリミテッド強力なのを思えば、それより強い場面もあるこいつには墨付きを与えられる。4回目まではブロックを阻害できないのでアグロではすこし下がるが、それでも強力な除去さ。

 

《不朽処理者の道具(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430180014p:plain

リミテッド:0.0

 不朽コストを下げても仕方ないし、ゾンビライブラリーアウトも非現実的だ。こんな道具はガラクタだ。

 

《来世への門(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430180509p:plain

リミテッド:0.0

 トークンで誘発しないからサクリデッキにも入らないし、「主神の贈り物」なるカードはアモンケットに存在しない。

 

《研ぎ澄まされたコペシュ(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430183520p:plain

リミテッド:1.0

 積むには盤面に与える影響が小さいカードだが、枚数を埋めるカードとしては悪くない。生物のサイズ差がものを言うマッチもあるので、2/3で3/3を倒すような場面があるならサイドインできる。

《ルクサ川の祭殿(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430183532p:plain

リミテッド:0.0

 1点ゲインは弱すぎ、2点になっても効いてくるまでにターンが掛かりすぎる。ライフしか得られないものにマナを注ぎ込みたくないな。

 

《神託者の大聖堂(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430183944p:plain

リミテッド:3.5

 じわじわアドを取るカードは好きだな。数回起動しただけでは見返りが少ないが、土地引きを回避するのはステキだ。石材カウンターが乗れば、もはやキャストにマナが必要なくなるぞ。

 

《神々のピラミッド(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430184320p:plain

リミテッド:1.0

 プロチーム「Pantheon」に朗報だね!まあこんなのは使わないことを祈るばかりだが。マナを生むために3Tを無駄にするのは割に合わないね。高マナカードがあるか、色タッチしてない限り使わないよ。

 

《王神の玉座(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430184600p:plain

リミテッド:0.5

 気が乗らないなあ。横並びしてアタックしてるのならそもそも勝てるし、数が少なければ効果が薄い。

 

《死者の番人(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430184857p:plain

リミテッド:1.5

 2マナが欲しいならアリ。じゃなければ飼うのは止めとこう。実質バニラだ。

 

サイクリングランド

f:id:takewithwater:20170430185126p:plain f:id:takewithwater:20170430185158p:plain f:id:takewithwater:20170430185208p:plain f:id:takewithwater:20170430185220p:plain f:id:takewithwater:20170430185233p:plain

 リミテッド:3.5

 2色合ってれば取って良し、片方だけでもプレイアブルだ。上級除去を優先するが、大抵のコモンよりは強いカードだぞ。

 

《大瀑布(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430185846p:plain

 リミテッド:1.0

 こんなのを活用できるデッキなんて想像つかない。破壊不能ついてはいるが…。

 

 《呪われた者の揺り籠(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430190143p:plain

リミテッド:1.0

 マナ基盤が強固ならプレイアブル。普通のデッキなら、色事故のリスクを冒してまで2/2を必要とはしない。

 

《進化する未開地(BFZ)》

f:id:takewithwater:20170430190601p:plain

リミテッド:3.0

 3色でもなければ高評価しなくていいが、2色でも勿論入れるぞ。

 

《絡みつく砂丘(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430190608p:plain

リミテッド:2.0

 これなら土地事故のリスクを負ってもカウンターシナジーのデッキに積めるな。

 

《色彩の断崖(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430190727p:plain

リミテッド:0.0

 どうか、イラストが奇麗だからってこんなの使わないでくれ。色を捻るのに追加1マナかかるってのはカードじゃない。

 

《陽焼けした砂漠(AKH)》

f:id:takewithwater:20170430190735p:plain

リミテッド:0.0

 単色でもない限り、こんなの考慮に値しない。