Ravnica Allegiance Limited Set Review: Blue By Luis Scott-Vargas

f:id:takewithwater:20190117112235j:plain

 

拘引者の忠告

f:id:takewithwater:20190114114149p:plain

3,0点

 キャントリソーサリーバウンスが3マナは割に合う。余程の事態に限るがインスタントで唱える選択肢もある。アグロの方が強いが、どんなデッキにも入る。 

 

水底の生術師

f:id:takewithwater:20190114114158p:plain

2.5点

 単体でもまあ可(3マナ2/2ルーティングはそこそこ)。面白いのは+1/+1シナジーを組めた時で、強力な装置になるな。ギルド魔道士と組むのも良さそう、カウンターの設置・付け替えが自在になる。

 

冷気をもたらす者

f:id:takewithwater:20190114114211p:plain

3.5点

 名前に反し平気では居られないぞ。でっかい飛行持ちで、相手の生物を1T(ブロックしたら2T)無力化する。何枚でも積めるから、今セット最良コモンの1枚だろうな。

 

精神純化

f:id:takewithwater:20190114114227p:plain

1.0点

 何とかして使い道を探したいもんだが、メイン挿しはよそう。コントロールミラーでサイドインするかもしれないが、基本はベンチ要員だ。

 

制動規範

f:id:takewithwater:20190114114238p:plain

3.0点

 全く違う使い道を持つカードだが、どちらも強力だ。ニコイチ取るバットリとしても、アドを失わないタップ継続カードとしても使える。この附則モードはイカしてるので、あるだけデッキに入れるよ。

 

珊瑚の戦士

f:id:takewithwater:20190114114250p:plain

1.0点

 しょぼレシオのバニラ。抜けるカードの長かな。

 

本質の把握

f:id:takewithwater:20190114114259p:plain

2.5点

 本質を散乱するどころか把握してるぜ!色拘束はきついが、効果は絶大。2マナ生物カウンターに+1/+1が付いて来るのは大したもんだが、ダブシンゆえに2T目に唱え辛いのは問題だな。青マナ源が9以上あるなら点数は上がるが、今のところの優先度は高くない。 

 

一面の視線

f:id:takewithwater:20190114114313p:plain

1.0点

 微妙。どえらいマナがかかるし、相手に毎ターン占術を与える。相手が青いとぐっと酷くなり、パーマネントの奪い合いが始まる。奇妙な膠着状態を呼ぶカードではあるが、積みたいカードじゃないね。もし相手がバケモン生物を持っていて青くないならサイドインするかもしれないが、目をかけてやりたいカードではない。

 

フェアリーの決闘者

f:id:takewithwater:20190114114325p:plain

3.0点

 やるじゃんちびっこ!(そう言ったら突いて来そうだ)。2/2や3/3でのアタックを制し、相手のアタックに瞬速で合わせしダブブロすれば大物も(大体アドを失わず)処理できる。1/2飛行にプラス能力があるのは上出来なので、使い出のある羽虫だと思うよ。

 

門道の密行者

f:id:takewithwater:20190114114350p:plain

2.5/3.5点

  専用デッキが欲しいが、能力はピカイチ。門が2枚程度でも使えるぞ。1/3カササギ能力持ちは、バウンスや除去をぶっ壊れにする。門が5枚ともなれば、何度も攻撃を通しゲームを易々と制する。門がなければ使えないと思うなよ…どんなデッキにも入る。

 

ムンクルス

f:id:takewithwater:20190114114404p:plain

1.5点

 魅力的なオーラは限られているので、こいつには余り惹かれない(にしても偉大な名前だが)。除去は多いがパンプの少ない地上アグロ相手にサイドカードになるし、コントロール相手の遅めのクロックにもなる。マナ埋めカードではあるが、上振れも秘めている。

 

集団強制

f:id:takewithwater:20190114114420p:plain

3.0/4.0点

 点数の開きは普通の青いデッキと、重めの青いデッキでの暴れぶりに差があるからだ。6マナ(うち青4マナ)で1体奪取は上々。島が10もあれば打てる筈。ランプや受け身なデッキでなら凶悪になり、2体奪取できる。巻き返しは至難の技なので、そうなるようデッキを組みたいな。 

 

幻惑する水底種

f:id:takewithwater:20190114114836p:plain

4.0点

 俺も幻惑中。タコ好きなのを差し置いてもイカしたカードだ。5マナ4/5呪禁におまけ付きとはトンデモないし、イリュージョンで一息つける。1体はチャンプに、2体目は呪禁用に使うのが定石だが、どんな使い方しようと強力さ。

 

しつこい請願者

f:id:takewithwater:20190114114848p:plain

1.0点

ネタデッキの可能性:4.0点

 ドラフトでは5枚以上同名カードを使えるから、その部分のテキストは無意味だ。ライブラリーアウトは難しそう。毎ターン1枚は遅すぎるし、4枚揃えるのは至難。面白そうだが、実戦向きじゃないね。

 

予知覚

f:id:takewithwater:20190114114858p:plain

3.0点

 3ドロー3占術すれば長期戦は貰ったようなもの。そんなに軽いカードじゃないが、持ち堪えて唱えてしまえば速やかにゲームが終わる。 可能な限りメインキャストを勧めるが、カウンターやバットリをしこたま抱えているなら構えてから打つのも手だな。

 

詮索の目

f:id:takewithwater:20190114114934p:plain

1.5点

 機会があれば4ドローを目指したいが、マナは重いしディスカードもあるから万能というよりは専用コントロール向け。ドロー効率自体は良いから専用デッキを模索したいが、6マナで盤面に影響しないカードは使い手を選ぶ。 

 

プテラマンダー

f:id:takewithwater:20190114115007p:plain

リミテッド:3.0

富豪フォーマット:3.5

 起動は5~6マナになるとはいえ、好きなカードだ。やがては龍になる小粒飛行って良いよな。呪文が5~6枚も入っていれば、6マナ揃った頃には順応できるだろ。

 

火消し

f:id:takewithwater:20190114115034p:plain

2.0点

 序盤は強いが、後半は弱くなる。これを1,2枚使える状況は以下。

①ゲームを早めに決める高速アグロ

②序盤のアクションが欲しいコントロール。詮索の目で抱えたこいつを捨てよう

 ミッドレンジには積むなよ。手札で死蔵する場面が多々あるだろうからさ。

 

賢者街の学者

f:id:takewithwater:20190114115127p:plain

2.5点

 使って悪い気はしないだろう。何時引いてもドローを潤滑にする。クソ強ではないが手堅い仕事をするので、損のない良カードだ。

 

評議会の急使

f:id:takewithwater:20190114115136p:plain

2.5点

 3マナ1/4飛行はガッチガチなので、色んなコントロールが欲しがる。警戒はそこまで大きな意味を持たないので白は不要。実質青単色のカードだ。

 

可能性の揺らぎ

f:id:takewithwater:20190114115156p:plain

2.0点

 今欲しいカード(土地)を探せるのは良いが、積むスペースに困るカードだな。取り立てて活躍するカードじゃないので、ピック中盤までは放っておいていいかな。

 

エイ翼のスパイ

f:id:takewithwater:20190114115213p:plain

3.5点

 強カードに目がない。4/5飛行の時点で十分だし、自軍を空に浮かせもする。4マナには過ぎたカードなので、見たら即取るよ。

 

速足ウツボ

f:id:takewithwater:20190114115225p:plain

3.0点

 青の定番コモンになりそウナギ。大概が相手はブロックできず素通りさせ、こちらは順応の代わりに他のカードを第二メインに唱える。やることがなくなれば順応で巨大化。活躍間違いなし。 

 

スライム縛り

f:id:takewithwater:20190114115234p:plain

2.0点 

 これもまたコントロール/飛行デッキ向けの受け身カードだ。完全無力化はしないが、十分な邪魔になるし軽い。 

 

予見のスフィンクス

f:id:takewithwater:20190114115412p:plain

4.0点

 初手占術効果は楽しいが、そこまでのメリットではない。4マナ4/4飛行部分が本質。生き残れば毎ターン占術を開始するが、そこまでは求めないよ。 

 

渦巻く激流

f:id:takewithwater:20190114115423p:plain

3.0点

 6マナは重く感じるが、割に合う効果じゃないかな。6マナ分以上を盤面から除外でき、1体はトップに送るからアドも失わない。アグロがベストだが、どんなデッキにも入ろう。

 

思考崩壊

f:id:takewithwater:20190114115431p:plain

2.0点

 取り消しはまあ行けそうな環境に思えるだが、それ以上ではない。3枚削りは些末だし、墓地シナジー相手にはデメリットにもなりえる。コントロール相手にインするが、それでも強いってほどじゃない。

 

真理の円

f:id:takewithwater:20190114115440p:plain

2.5点 

 クセは強いが、コントロールの欲しがるカードだな。5マナでドローとタップが出来、他のカードともシナジーする。タップカード(冷気をもたらす者がベスト)とのコンボが強力で、手札が貯まれば吐き出す番だ。

 

迷える思考の壁

f:id:takewithwater:20190114115449p:plain

1.0点

 アンコだからライブラリーアウトは無理そう。ギリプレイアブルくらいか。

 

暴風のドレイク

f:id:takewithwater:20190114115500p:plain

3.0点

 お友達が必要だが、揃えば相手を悩ませる。飛行を揃えられるデッキでなら嬉々として使おう。アゾリウスか、場合によってはシミックもアリだな。

 

コモン3選

3位:速足ウツボ

2位:拘引者の忠告

1位:冷気をもたらす者

 セットの中で比べると、青のコモンは粒揃いだ。アグロ向けコントロール向けどちらもあるし、どちらの層も厚い。

Ravnica Allegiance Limited Set Review: White By Luis Scott-Vargas


www.channelfireball.com

f:id:takewithwater:20190116213108j:plain

 

天使の称賛

f:id:takewithwater:20190114101217p:plain

3.0点

 アゾリウス/オルゾフの仕上がりが不明で評価に困る部分があるが、生物が14体以上用意できるデッキでは効果は強力に思える。修正は+3/+3もあれば大層なもんだし、達成も難しそうではない。

 

恩寵の天使

f:id:takewithwater:20190114101159p:plain

4.5点

 ほぼ満点だ。瞬速飛行で急襲するだけでなく、必敗の場面でも生き永らえる。ドンピシャ除いてもなお強いので、これぞ本物のボムの証だ。早めに引いたらアタッカーを削いで殴り始めろ。後半引いたなら致死ダメージを逃れつつ、相打ち(又はチャンプ)すれば次のターンにライフは10に舞い戻る。いついかなる時も強いカードだ。

 

アーチ道の天使

f:id:takewithwater:20190114101230p:plain

1.0/3.0点

 専用デッキが必要だな。3/4飛行に6マナもかけるなら4点以上はゲインしたい。場に出る頃には十分なゲインが可能だろうから、門デッキも楽しそうだ。 

 

拘引者の熱情

f:id:takewithwater:20190114102353p:plain

2.5点

 お気に入りの1枚。1マナ+2/+2修正はプレイアブルだし、フィニッシュ手段にもなるから評価は更に高い。熱情に水をかける要素はアゾリウスもオルゾフも防御的なアーキゆえにバットリの優先度が低いことか。とはいえ質は高いので良く使うことになるよ。

 

公判への移送

f:id:takewithwater:20190114102418p:plain

2.5点

シールド:3.0+点

 3マナなのでメインに1枚は挿してよし。環境がデカ物揃いでもなければ、複数はお勧めしない。シールドはその限りじゃないがね。

 

護民官の重鎮

f:id:takewithwater:20190114102433p:plain

 2.5点

 下振れはし辛い。4マナ3/3でも一応カードだ。サイズを上げ3/3に2/2が突っ込むことになるから、理想的な状況では大打点を叩き出す。デッキの攻撃性がますほど強さは上がるが、大概のミッドレンジで使いうるよ。使いこなすにはマナカーブが重要になるので、枚数取れたら2~3マナ圏を厚くしような。

 

協約のペガサス

f:id:takewithwater:20190114102504p:plain

2.5点

 2マナ1/3飛行とは古典的だが、見た目以上のもんだよ。1枚は積めるし、マナカーブを下げたいなら複数も可。レシオと軽さの相性が抜群だし、死後トークンの1/1で溢れることも踏まえれば普段より活躍するさ。

 

日晒し

f:id:takewithwater:20190114102543p:plain

1.0点

シールド:3.0点

 いつも通り、解呪系はドラフトならサイド、シールドならメインからだ。今回も例外ではないので、賢い選択をしような。

 

立ちふさがる霊

f:id:takewithwater:20190114102556p:plain

3.0点

 熾烈なダメージレース下では、結構なライフを稼いで(若しくは相手の呪文を1T遅らせて)くれる。3マナ3/3には過ぎたおまけなので、アグロでもコントロールでも、どんな白デッキにもフィットする。

 

ハズダーの士官

f:id:takewithwater:20190114103005p:plain

 1.5点

 3マナ3/2はコンバットで直ぐ死ぬ輩だから、好きになれないな。生物パンプのおまけがあったって、マナ域を埋めるカードに過ぎないよ。

 

第1管区の勇士

f:id:takewithwater:20190114103029p:plain

3.5点

 隊長が勇士に勝つのはお笑いだが(管区の隊長は2/2先制攻撃)、取れたら喜んでデッキに入れる。ゲームが続けばトークンは並ぶし、1体出た時点でアド。最大に活かすならアグロだが、コントロールデッキでもチャンプトークンを並べるカードは有能だ。 

 

情熱的な扇動者

f:id:takewithwater:20190114103042p:plain

2.5点

 このセットは魅力的な熊揃いだが、こいつも情熱的に抱きしめてやりたい。トークンもゲインシナジーも要らない。単に生物が多ければ、仕事をこなすさ。 

 

大司法官の扉

f:id:takewithwater:20190114103108p:plain

2.0点

 強力なETB生物が居れば価値はうなぎ登りだが、除去避けとしても申し分なし。コンバットでシャクる用にはおススメしないな。裏目が多いし、先制攻撃付与で勝てる局面は多くない。 

 

悲しみの騎士

f:id:takewithwater:20190114103141p:plain

2.0点

 哀しいことに5マナ圏を厚くしなくちゃいけない…そんな時は出番だ。相打ちしつつ1/1を遺す。デカ物2体を受け止め時を稼げるから、土壇場の壁役にも使える。

 

のし歩く城塁

f:id:takewithwater:20190114103448p:plain

4.0点 

フレーバー:5.0点

 恰好も能力もイケてる。クソデカ5マナ生物であり、たとえ相手が除去しようともETBを再発させる。最大の敵は平和なべ能力だ。城塁も乗客も失われるから。 

 

債務の聖職者

f:id:takewithwater:20190114103530p:plain

3.5点

 最高。アドカードは何が何でも褒めるワケじゃないが、こいつは良い。相打ちに末に盤面に多大な影響を残すし、相手がこいつの死に乗り気じゃない場合でも生贄カードとシナジーできる。 

 

うろつくカラカル

f:id:takewithwater:20190114103550p:plain

1.5点

 1/1に溢れた世界では、3/1は下層をうろつくのみ。 猫は犬より弱いもんだが、このセットでは熊以下だ。

 

戦いへの結集

f:id:takewithwater:20190114103613p:plain

2.5/3.5点

 生物で固めたデッキなら、上振れは高い。状況次第では1:2~3交換取れるので見返りは大きい。全軍突撃しても裏目がないので、返しに仕留められる恐れもない。大概のデッキに入るし、アグロなら猶更だ。 

 

毅然たる番犬

f:id:takewithwater:20190114103627p:plain

3.0点

 忠犬。序盤を防ぎ後半は生物を守る。自軍の要を更に強化する先置きバットリだ。ほぼ全ての脅威から守ってくれる。 

 

歩哨の印

f:id:takewithwater:20190114103638p:plain

3.5点 

 とんでもないバットリだな。着地に成功してコンバットを生き残ったら、後に+1/+2修正が残るのはすさまじい。メインで貼り付けて特大ゲインする手もあるので、どちらも選べるのは優秀だ。良いカードだって、お墨付きをあげる。 

 

空の縛め

f:id:takewithwater:20190114103653p:plain

3.0点 

 地上で攻めるデッキには要らないが、他の(コントロールや飛行)デッキなら違う。アタッカーを止められ、飛行も奪えるので趨勢を大きく変える。

 

息詰まる徴税

f:id:takewithwater:20190114104302p:plain

1.0点

 仮令「毎ターン宝箱生成」だったとしてもショボいし、 それよりずっと弱い。沢山ドローする相手には効果があるかもしれないが、それでも相手に選択権があるんだから救えない。

 

尖塔の霊

f:id:takewithwater:20190114104332p:plain

3.5点 

 良レシオ・飛行・強化能力のセットはいつだって好きだが、アゾリウスにもオルゾフにもフィットするのが素敵だ。 

 

略式判決

f:id:takewithwater:20190114104349p:plain

3.0点

 受け身ではあるが、軽く範囲も広い除去なので余程のアグロで飛行生物がないのでもない限り抜かない。のちのち評価が変動するかもしれないが、現時点では良カード扱い。

 

組織の伝書使

f:id:takewithwater:20190114104403p:plain

3.0点

 手紙を届けつつ、死後も空を飛ぶ。マナに見合うレシオなので、他の選択肢が余程でない限り抜かないよ。 

 

第10管区の古参兵

f:id:takewithwater:20190114104420p:plain

1.5点

 第十管区の奴らは不出来だなあ。《第10管区の守備兵/Tenth District Guard》もヘボかったが、これもどっこい。コンバットでアンタップするのは微妙だし、3マナ2/3も見劣りする。 

 

徴税人

f:id:takewithwater:20190114104533p:plain

3.0点

 ドラフトでは上っ側のテキストはそうそう働かないが、2マナ2/1死後の時点で上等。それにバットリや除去を撃ちづらくするのだから美味しいな。 

 

黄昏の豹

f:id:takewithwater:20190114104624p:plain

2.0点 

 実質二色カードだが、オルゾフでなら合格。グルールやシミック相手に大活躍するが、大方のマッチで良い壁になる。 

 

不敗の陣形

f:id:takewithwater:20190114104701p:plain

3.5点 

 ぶっ壊れってほどじゃないが、強力。大概附則モードで撃つが、非常時には自軍を護る盾となる。恒久的に強化しつつ裏目ゼロのアタックは強力なので、生物の多いデッキならどこでも大活躍だ。

 

要人深い巨人

f:id:takewithwater:20190114104741p:plain

 1.5点

 6マナにしては面白いカードだが、6マナ圏を早めに取るメリットは余りないし、そのマナ域でも優先されそうにない。マナカーブのトップに据えるのも可なので、重量カードが足りなければドラフト時には高めに評価しよう。

 

コモン3選

3位:公判への移送

2位:組織の伝書使

1位:略式判決

 拘引者の熱情が公判への移送に取って代わるかもしれないが、白いデッキがどれだけアグロに寄るか次第だな。そこそこ止まりなので、(コモンに限れば)積極的に白をやる理由はなさそうだ。

 

ラヴニカの献身入りデッキ その2

ターボネクサス

-土地(27)-

4《寺院の庭/Temple Garden》

4《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove(XLN)》

4《氷河の城砦/Glacial Fortress(XLN)》

4 神聖なる泉

4《内陸の湾港/Hinterland Harbor(DOM)》

4 繁殖池

2《平地/Plains(M19)》

1《森/Forest(M19)》

-生物(6)-

3《エルフの再生者/Elvish Rejuvenator》

3 恩寵の天使

-呪文(27)-

4 成長のらせん

2《アズカンタの探索/Search for Azcanta(XLN)》

4《根の罠/Root Snare》

4《薬術師の眼識/Chemister's Insight》

3《残骸の漂着/Settle the Wreckage(XLN)》

2 荒野の再生

4《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》

4《運命のきずな/Nexus of Fate

f:id:takewithwater:20190113170932p:plain f:id:takewithwater:20190112163109p:plain f:id:takewithwater:20190113170956p:plain f:id:takewithwater:20190113171017p:plain

f:id:takewithwater:20190113171037p:plain

  ゲロ重ネクサスも探検、アンタップエンチャのお陰でまともに唱えられるようになった。特に荒野の再生は強力で、薬術師の眼識・恩寵の天使のようなマナ食い虫を最大限活用できる。

 普通のコントロールでは恩寵の天使は活かしきれないが、ターボフォグでならどうか。タイムワープ、フォグを撃ちながらダメージレースを仕掛けられ、不得意なバーン相手には死んだ後にゲインの保険にもなる。

 

青単

-土地(21)-

21《島/Island(M19)》

-生物(21)-

3 水底の生術師

4 プテラマンダー

4《セイレーンの嵐鎮め/Siren Stormtamer(XLN)》

4《マーフォークのペテン師/Merfolk Trickster

4《大嵐のジン/Tempest Djinn》

2《排斥する魔道士/Exclusion Mage》

-呪文(18)-

4《執着的探訪/Curious Obsession(RIX)》

2《潜水/Dive Down(XLN)》

1《呪文貫き/Spell Pierce(XLN)》

4《航路の作成/Chart a Course(XLN)》

3 本質の把握

4《魔術師の反駁/Wizard's Retort》

f:id:takewithwater:20190112163119p:plain f:id:takewithwater:20190113172924p:plain f:id:takewithwater:20190112163132p:plain

  順応生物2種のお陰でそれなりのフラッド耐性が出来た青単。1マナ生物が増えたので土地を伸ばす意味でも航路の作成4。生術師は地味ながらウィザードシナジーがある。

 

イゼットフェニックス

-土地(21)-

4《蒸気孔/Steam Vents》

4《硫黄の滝/Sulfur Falls(DOM)》

7《島/Island(M19)》

6《山/Mountain(M19)》

生物(15)-

4 プテラマンダー

3《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer》

4《奇怪なドレイク/Enigma Drake》

4《弧光のフェニックス/Arclight Phoenix

-呪文(24)-

4《大将軍の憤怒/Warlord's Fury》

4《ショック/Shock》

4《選択/Opt》

4《航路の作成/Chart a Course(XLN)》

4《急進思想/Radical Idea》

4《発見+発散/Discovery+Dispersal》

f:id:takewithwater:20190113172924p:plain

 最速を目指すため溶岩コイルの枠をキャントリにしたレシピ。弾けるドレイクまで積むべきかもしれないが、早い相手のスペル回転速度、サイドを見据えるとやはり伝術師は欲しい。

ゴルガリミッドレンジ

-土地(24)-

4《森林の墓地/Woodland Cemetery(DOM)》

4《草むした墓/Overgrown Tomb》

1《探知の塔/Detection Tower》

1《愚蒙の記念像/Memorial to Folly》

8《森/Forest(M19)》

6《沼/Swamp(M19)》

生物(24)-

4《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》

4《僧帽地帯のドルイド/Druid of the Cowl》

4《マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker(XLN)》

4《翡翠光のレインジャー》

3《貪欲なチュパカブラ/Ravenous Chupacabra(RIX)》

3 生体性軟泥

2《殺戮の暴君/Carnage Tyrant(XLN)》

呪文(12)-

3《喪心/Cast Down》

2《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt(XLN)》

1《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza(DOM)》

3《ビビアン・リード/Vivien Reid》

3《採取+最終/Find+Finality》

f:id:takewithwater:20190112160506p:plain

  暴君と違い速い相手に腐らず、後半トップした際のインパクトもデカい。生体性軟泥はラヴニカの献身で最も過小評価されているカードだと思う。

ラヴニカの献身入り 新環境デッキその1

白単

-土地(22)-

22《平地/Plains(M19)》

生物-(28)-

4《不屈の護衛/Dauntless Bodyguard》

4《追われる証人/Hunted Witness》

4《空渡りの野心家/Skymarcher Aspirant(RIX)》

4《アダントの先兵》

4 徴税人

4《ベナリアの軍司令/Benalish Marshal》

4《敬慕されるロクソドン/Venerated Loxodon》

-呪文(10)-

4《軍団の上陸/Legion's Landing(XLN)》

4《ベナリア史/History of Benalia》

2《征服者の誇り》

f:id:takewithwater:20190112152635p:plain

  漂着対策にシャライをサイドに積んだ白単が居るが、その役割を保ちつつ丸い徴税人が新たに加入。そこそこ全除去耐性あり。

セレズニア

土地(21)-

8《森/Forest(M19)》

4《平地/Plains(M19)》

4《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove(XLN)》

4《寺院の庭/Temple Garden》

1《オラーズカの拱門(RIX)》

-生物(20)-

4 成長室の守護者

4 培養ドルイド

4《アダントの先兵/Adanto Vanguard(XLN)》

4 《敬慕されるロクソドン/Venerated Loxodon》

2《不和のトロスターニ/Trostani Discordant》

2 生体性軟泥

-呪文(19)-

4《開花+華麗/Flower+Flourish》

3《軍団の上陸/Legion's Landing(XLN)》

3《苗木の移牧/Saproling Migration》

4《ベナリア史/History of Benalia》

2《議事会の裁き/Conclave Tribunal》

3《暴君への敵対者、アジャニ/Ajani, Adversary of Tyrants》

f:id:takewithwater:20190112160421p:plain f:id:takewithwater:20190112160452p:plain f:id:takewithwater:20190112160506p:plain

 セレズニアもようやく全除去耐性を手に入れた。アジャニと+1/+1カウンターシナジーを形成する。


マーフォーク

 -土地(23)-

4《内陸の湾港/Hinterland Harbor(DOM)》

4 繁殖池

6《森/Forest(M19)》

7《島/Island(M19)》

2《手付かずの領土/Unclaimed Territory(XLN)》

-生物(34)-

4 水底の生術師

4《クメーナの語り部/Kumena's Speaker(XLN)》

4《銀エラの達人》

4《マーフォークの霧縛り》

4《マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker(XLN)》

4《深根の精鋭(RIX)》

2《俊敏な番人》

4《オラーズカの暴君、クメーナ》

4 エリマキ神秘家

-呪文(3)-

3 本質の把握

f:id:takewithwater:20190112163109p:plain f:id:takewithwater:20190112163119p:plain f:id:takewithwater:20190112163132p:plain f:id:takewithwater:20190112163144p:plain

  健在的防御なき後、送還や潜水といった哀れなほど痩せたカードで干渉していたマーフォーク。ところが平成の神秘の蛇、エリマキ神秘家によってどすこいmtgが出来るようになった。新規カウンターの本質の把握も強力で、カウンター+強化と二重にテンポを取っていける。

 注意としては手付かずの領土指定は決してマーフォークにしないこと。神秘家キャストに費やすものなので、生術師と同じウィザードを指定しよう。

Guilds of Ravnica Limited Set Review: Artifacts, Lands, and Guild Ranking By Luis Scott-Vargas


www.channelfireball.com

f:id:takewithwater:20181002011424j:plain

 

《ディミーアのロケット/Dimir Locket》《ゴルガリのロケット/Golgari Locket》《イゼットのロケット/Izzet Locket》《セレズニアのロケット/Selesnya Locket》

f:id:takewithwater:20181002011527p:plain f:id:takewithwater:20181002011536p:plain f:id:takewithwater:20181002011544p:plain f:id:takewithwater:20181002011554p:plain

 リミテッド:2.0

 シールドで使った感想としては…まあまあ。中高域までマナカーブの伸びたデッキでなら使えるし、後半にドローに変えるのも悪くない。とはいえ3マナかかるのはねえ…。これまでの3マナ加速系よりは好きなので、皆がどう評価していくか楽しみだな。

 

《ボロスのロケット/Boros Locket》

f:id:takewithwater:20181002011724p:plain

リミテッド:1.0

 デッキに入れたら大間違い。ボロスはマナカーブが低くドローも不要なので、サイクルの中で段違いに弱い。

 

《庁舎の歩哨/Chamber Sentry》

f:id:takewithwater:20181002012040p:plain

リミテッド:3.5/4.0

 2色デッキでも充分。2マナ2/2で必要とあらば火力を飛ばすので、いつ引いても強い。カウンターが増えるのは強いから、これがあるなら片足入った門を積んでも良い(《ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate》をイゼットで使うとか)。回収するともなれば、フィニッシャーになる。サイズも4/4~5/5だから最高だ。成功した時のリターンがデカいので、見たら5色デッキを目指すよ。

 

《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》

f:id:takewithwater:20181002012050p:plain

リミテッド:1.5

 2色だとポンコツで、3色でも食指が動かない。使うなら4~5色デッキなので、滅多に組めないな。

 

《門番のガーゴイル/Gatekeeper Gargoyle

f:id:takewithwater:20181002012059p:plain

リミテッド:3.0

 門デッキの強さは不明だが、組むに足るカードの登場だ。2つで十分、それ以上ならバケモンだ。門5枚以上のデッキを想定した点数なので、それに満たないなら使わないよ。

 

《ギルドパクトの大剣/Glaive of the Guildpact》

f:id:takewithwater:20181002012107p:plain

リミテッド:0.5

 ゴミっぽい。門は自然と受け身デッキになるので、こっちはアグロ能力セット。流そう。

 

《猛り狂う聖像/Rampaging Monument》

f:id:takewithwater:20181002012122p:plain

リミテッド:2.5/3.5

 多色が数枚ならそこそこだが、5枚以上となれば驚異的だ。4/4を超えだすと猛り始め、爆走を続けるだろうな。

 

《静かな隠し矢/Silent Dart

f:id:takewithwater:20181002012131p:plain

リミテッド:1.5

 マナ効率が良くないし、どのギルドも除去の選択肢は他にある。とはいえ、落とせる範囲は広いので使うのに気後れしなくて良いよ。

 

《背骨のワンド/Wand of Vertebrae》

f:id:takewithwater:20181002012342p:plain

リミテッド:0.0

 いや、こっち使うのは恥だけどな?ゴミガリ宿根デッキの屋台骨になるかもしれんが、効果も速度も遅いので考慮に値しない。

 

ギルド門サイクル

f:id:takewithwater:20181002012409p:plain f:id:takewithwater:20181002012416p:plain f:id:takewithwater:20181002012425p:plain f:id:takewithwater:20181002012432p:plain

f:id:takewithwater:20181002012440p:plain

リミテッド:3.0

 2色合ってるなら、同レベルのコモンより優先して取っていい(既にカード取れてるなら特に)。アンコのダブシンサイクルがあったら更に上がるし、3色以上のデッキなら天井知らず。皆過小評価したがるから、3.25点にすべきと言えば強さが分かるかな。

 

《ギルド門通りの公有地/Gateway Plaza》

f:id:takewithwater:20181002012658p:plain

リミテッド:1.5

 3色以上でなきゃ使わないし、これより良いのは他にある。門シナジーが組めるとはいえ、余りに動きを遅らせる。

 

《ギルド魔道士の広場/Guildmages' Forum》

f:id:takewithwater:20181002012707p:plain

リミテッド:2.5

 多色生物が3あれば可、5以上なら大活躍だ。ちょっと遅いが、土地で+1/+1置けるのは凄いぜ。

 

ギルドランキング

5位:イゼット

4位:ゴルガリ

 この二つが抜けて弱い。良いカードもあるんだが、イゼットは限定的だしゴルガリは組みにくい。上手く行ったときは強いだろうが、他の3ギルドから差がつくだろうな。

3位:ボロス

2位:ディミーア

1位:セレズニア

 3者の差は狭いので、入れ替えても良い。セレズニアはどれも強く、《議事会の裁き/Conclave Tribunal》が環境最強除去なので高評価した。依然ほどトークン生成が多くなくとも、《包囲ワーム/Siege Wurm》や《薔薇たてがみのケンタウルス/Rosemane Centaur》へのジャンプはエグい。

 ディミーアは動きが安定しており、コモンの性能が高い(《霧から見張るもの/Watcher in the Mist》や《致命的な訪問/Deadly Visit》)。弱点としては特化デッキを組んだ見返りが小さく、マナ効率が悪いことか。

 ボロスも強力で《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire》は素晴らしいが、教導を使いこなすのが難しそう。結論としては、捨てギルドはなさそうだし環境の行く末が楽しみだ。ご笑覧どうも、レビューは閉幕だが…ゲームはこれから始まる!

Guilds of Ravnica Limited Set Review: Selesnya By Luis Scott-Vargas


www.channelfireball.com

f:id:takewithwater:20181002010639j:plain

 

《仲間意識/Camaraderie》

f:id:takewithwater:20181002010727p:plain

リミテッド:4.0

 見た目に違わず唱えて楽しいカードだ。3ドロー3ゲインは現実的で、ダメージも強化させる。そのぐらいのカードなので、セレズニアの妙味を楽しもう。

 

ケンタウルスの仲裁者/Centaur Peacemaker》

f:id:takewithwater:20181002010737p:plain

リミテッド:3.0

 ゲームを長引かせるカードなので、必ずしも相利的な能力ではない。仮に相手のデッキがよりコントロール寄りだったとしても、3マナ3/3だ。ボロス相手に特に効くが、相手を選ばないよ。セレズニアはライフレースよりサイズ命だからな。

 

《議事会の騎兵/Conclave Cavalier》

f:id:takewithwater:20181002010745p:plain

リミテッド:4.0

 これが手に入るなら何だってするよ。PIG抜きにしても良レシオだし、込みで考えれば環境有数の生物。一度じゃ死なない4マナ4/4警戒は馬鹿げてるので、オーラや追放除去のない相手を踏みつぶしていく。

 

《議事会のギルド魔道士/Conclave Guildmage》

f:id:takewithwater:20181002010755p:plain

リミテッド:3.0

 サイクル中最低だが、それでもギルド魔導士。後半使える能力持ち(一つだけかな。緑能力はクソ)を持った2マナ2/2は上等。それに《世界魂の巨像/Worldsoul Colossus》にトランプル付与できたら素敵だな。

 

《協約の魂、イマーラ/Emmara, Soul of the Accord》

f:id:takewithwater:20181002010808p:plain

リミテッド:3.5

 有効活用できるデッキを組めたら大活躍。バットリや除去で支援したら差が拡がり、召集できたら最高だ。デッキの完成度で強さが変わるので、組めることを願うばかりだ。

 

《盾連携/Join Shields》

f:id:takewithwater:20181002010825p:plain

リミテッド:0.5

 こいつは駄目。5マナでサイズの上がらないバットリなので、汎用性がない上に終盤まで使えない。アタック生物を壊滅させることもあるが、といって擁護する気にはなれない。

 

《秋の騎士/Knight of Autumn》

f:id:takewithwater:20181002011023p:plain

リミテッド:4.0

 使い道の広いカードは好きなので、ピンポイントで働く3能力持ちは素晴らしい。3マナ4/3のモードで腐りようがなく、状況を選ばず強い。リミテより構築向けだが、喜んで使うよ。

 

《レーデヴの勇者/Ledev Champion》

f:id:takewithwater:20181002011032p:plain

リミテッド:3.5

 召集パンプ持ちが3マナは上出来だし、兵士量産はロングゲームの決め手になる。単体で強く召集/トークン生成と相性が良いので、セレズニアは喉から手が出るほど欲しい。トークン生成と活用の両方を持っているのは素晴らしいので、デッキの質を向上してくれる。

 

《大集団の行進/March of the Multitudes》

f:id:takewithwater:20181002011047p:plain

リミテッド:3.5

 トークンが並んでお次は何だ?追加のトークンだ!その通りで、大量のトークンで相手を踏みつぶす。1/1だからといって、絆魂は馬鹿にならないぞ。

 

《薔薇たてがみのケンタウルス/Rosemane Centaur(GRN)》

f:id:takewithwater:20181002011056p:plain

リミテッド:3.0

 これぞセレズニアの根っこ…こいつらってベジタリアン?それともグルテンフリー主義?いずれにせよ、素晴らしいレシオだ。4マナで唱えれたら十分だし、それより軽ければ尚良し。セレズニアはトークンで押すのではなくデカ物で殴るデッキなので、これなり《包囲ワーム/Siege Wurm》なりの登場はそんなに早くない。

 

《スマーラの森整形師/Sumala Woodshaper》

f:id:takewithwater:20181002011109p:plain

リミテッド:3.0

 森に分け入り過ぎるなよ、4マナ2/1は展開が遅れるからな。とはいえ1~2枚積んでおけばアドを稼ぎつつ上等な生物(若しくは《光明の縛め/Luminous Bonds》)を探し出してくれる。

 

《不和のトロスターニ/Trostani Discordant》

f:id:takewithwater:20181002011117p:plain

リミテッド:4.5

 5マナ5/8相当、そのうち4/4分は絆魂。神話とはいえ、セレズニアでも有数の馬鹿レシオだ。除去されても上等で、生物奪取してきたディミーアをぶっ潰す機会もあるだろう。

 

《世界魂の巨像/Worldsoul Colossus》

 f:id:takewithwater:20181002011222p:plain

リミテッド:3.0

 使って分かったけど《包囲ワーム/Siege Wurm》以下だな。とはいえ包囲ワームなので色が合えば入る。それに7/7で出せたら強いしな。

 

《ヴァーナーディーの盾仲間/Vernadi Shieldmate》

f:id:takewithwater:20181002011234p:plain

リミテッド:1.5

 2マナでも弱い方だけど、足りなければどうぞ。2/2は直ぐ死ぬから警戒の意味は薄いが、召集と相性が良いよ。

 

《確証+確立/Assure+Assemble》

f:id:takewithwater:20181002011249p:plain

リミテッド:3.5

 どっちのモードも強いし、《確証/Assure》が軽いのは良いね。そっちの方が使用頻度は高いけど、騎士生成も悪くない補完だ。

 

《開花+華麗/Flower+Flourish》

f:id:takewithwater:20181002011259p:plain

リミテッド:3.5

 見た目大したことないが、実質タップインランドなことを考えるとカードパワー高いぞ。6マナ側のマナ効率が微妙なのを加味しても、土地サーチは強力だ。1つ目の能力で白緑デッキの土地枚数を節約できる、土地1これで回るからな。タッチするほどのカードじゃないので、セレズニア以外では使わない。

 

最重要コモン

《薔薇たてがみのケンタウルス/Rosemane Centaur》

 セレズニアを象徴するカードなので、あるだけ入れよう。理想的な展開をしつつ、攻防どちらにも活躍する。

 

 

Guilds of Ravnica Limited Set Review: Izzet By Luis Scott-Vargas

 

www.channelfireball.com

f:id:takewithwater:20181002005705j:plain

 

《標の稲妻/Beacon Bolt》

f:id:takewithwater:20181002005804p:plain

リミテッド:3.0

 全部のイゼットに入る訳ではないし(9枚以上スペルが欲しい)、先にスペルを貯めておく必要がある。とはいえ一たび組めれば強力だ。最弱カードを捨てつつ6マナ払えば2体始末できるのはテンポが良い。表で2/2を始末したものが、再活で6/6を落とす場合もあるので、墓地が貯まるのを待てるのは良いな。

 

《光線分割の魔道士/Beamsplitter Mage》

f:id:takewithwater:20181002005821p:plain

リミテッド:1.5

 多色の2マナには足りない。《模写/Quasiduplicate》でもなければ爆アドを引き出すのは難しい。《最大高度/Maximize Altitude》をコピるのが現実的だが、ぶっ壊れってほどじゃない。デッキの核というよりは、アグロイゼットのマナ埋め役かな。

 

《弾けるドレイク/Crackling Drake》

f:id:takewithwater:20181002005830p:plain

リミテッド:3.5

 巨大飛行持ちでアドが取れるんだから、大いに目を惹く。キャストし辛さと呪文の補助が必要な分割り引いて考えるべきではある。とはいえイゼットはスペル沢山だしギルド門を高めに取れば補える。それに足るカードだ。4.0に移るかもな、それぐらいハマった時の強さが凄まじい。

 

《火想者の研究/Firemind's Research》

f:id:takewithwater:20181002005844p:plain

リミテッド:1.0/3.0

 こいつは専用デッキが必要だぞ。研究開発の世界のように資源投下が必要だが、生み出す利益が大きい。自身でドローが循環するのも素敵だ。ドローを始めればそれがスペルを引き込み、またカウンターが貯まり…。再活は2度溜まるし。

 いずれは科学者の性なのか爆弾を作る材料が揃うので、世界を終わらせる手段となる。使うには再活含みでスペルが10以上欲しいが、喜んでプレイするよ。

 

《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer》

f:id:takewithwater:20181002005859p:plain

リミテッド:3.0

 意外かもしれないが3.5寄り。イゼットが必要とする性能を色々持っているからだ。2マナと軽く、イゼットの勝ちパのダブルアクションを可能にする。《音波攻撃/Sonic Assault》を裏表で唱えて8点突っ込ませるとか。高評価に違わぬカードだよ…ラヴニカへの帰還の頃とは段違いの性能だ。

 

《高熱仮説/Hypothesizzle》

f:id:takewithwater:20181002005907p:plain

リミテッド:3.0

 こいつの強さは仮説じゃない。ドローと盤面干渉がセットだ。5マナ予言に4点火力がついていると考えると良い。土地ではなく実を捨てざるを得ないとはいえ、強力なカードだ。キャスト時に対象は取らず、捨てた時に初めて対象を選ぶカードなのは注意な(ルールの細目は説明しないよ)。ほんと強くて好きなカードだ。イゼットならあるだけ積むし、タッチするディミーアも出るだろう。

 

《イオン化/Ionize》

f:id:takewithwater:20181002010038p:plain

リミテッド:2.0

シールド:3.0

 おまけの本体2点を喜ぶのはリミテより構築向きだが、そもそもカウンター自体が構築向けだな。構築は動きが固定化されてるので、ここぞでカウンターを構えるのが簡単だから。大概のイゼットに入るが優先度は低いし、ボムレアには程遠い。

 

《団体のギルド魔道士/League Guildmage》

f:id:takewithwater:20181002010048p:plain

リミテッド:3.5

 青能力だけでも、ロングゲームを制する良カード。赤能力も青能力と補完をなしている。ドローすれば、コピーに足るスペルも見つかるからな。良いヤツなので、早めに見たら流れに関わらずピックするよ。

 

《パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun》

f:id:takewithwater:20181002010115p:plain

リミテッド:4.5

 ギルド門が3取れてたら5.0。4.5なのは唱え辛いからであって、バカ強い。ボムの要件を全部満たしている。

・(《議事会の裁き/Conclave Tribunal》除き)除去耐性あり、スペル毎にドローする

・優勢でダメ押し、劣勢でも強い(ドローと火力で瞬く間に盤面を駆逐する)

・単体でも強い癖に、シナジった時に更に暴れる

 唱えられればセット最強なので、門やロケットを集めて叩き付けよう。

 

《イゼット副長、ラル/Ral, Izzet Viceroy》

f:id:takewithwater:20181002010124p:plain

リミテッド:4.5 

 スタンの5マナPWの法則に従っているので(忠誠値5、+でドロー、-3で除去)当然強い。小マイナスを有効活用するにはスペルの量が必要だが、一たび組めれば文句は出せない。

 

《音波攻撃/Sonic Assault》

f:id:takewithwater:20181002010136p:plain

リミテッド:3.0

 イゼットの動きが集約された1枚。再活はコントロール向きにも設計できたが、アグロ向きのご様子。複数寝かせて大ダメを通すのはイゼットが望むカードだ。一気に使わず2Tに分けて打点を稼ぐことも可能なので、どちらでも強い。アグロでしか強くないカードなので、ガンガン攻めるデッキで活用しよう。

 

《千年嵐/Thousand-Year Storm》

f:id:takewithwater:20181002010145p:plain

リミテッド:1.0/2.0

 メチャ重くて準備が必要だが、長引けば爆アドを稼ぐこともある。1Tにスペルを3回唱えればゲームが終わるが、そうそう起きないし盤面干渉しない6マナエンチャを先置きする必要がある。低評価せざるを得ないが、試してみたい気持ちもある。

 

《小柄な竜装者/Wee Dragonauts(GRN)》

f:id:takewithwater:20181002010300p:plain

リミテッド:3.5

 Weeeee!(dragonaught)。

 イゼットで他に3マナ3/3(5/3の時も)飛行はないので、ギルド有数のアタッカーだ。油断してると瞬く間にゲームを終わらせるのが愉快だな。

 

《ピストン拳のサイクロプス/Piston-Fist Cyclops》

f:id:takewithwater:20181002010315p:plain

リミテッド:3.0

 イゼットの混色は得してるな。ボロスではゴミだし、ディミーアでも使い難いから誰も取らない。打点が高いし、《音波攻撃/Sonic Assault》や《最大高度/Maximize Altitude》のお陰で殴るターンに通しに行ける。

 

《発展+発破/Expansion+Explosion》

f:id:takewithwater:20181002010348p:plain

リミテッド:3.5

 どっちも限定的だが(《発破/Explosion》は7マナ以上欲しい)、それゆえ分割は強い。《発展/Expansion》は相手もコピーできるので、除去をコピれるのは良い使い方だ。どっちも限定的だが使うに足る能力だ。《発破/Explosion》をX=3以上で唱えれば、ゲームに勝てる。

 

《反転+観点/Invert+Invent》

f:id:takewithwater:20181002010359p:plain

リミテッド:1.0

誤植:0.0

 ヘンテコだし、汎用性ないし、アドモードは重い。使い道分かってもデッキに入れないよ。テキストにないけどエラッタ出てるぞ、《反転/Invert》の効果はターン終了時までだ。

最重要コモン 

《音波攻撃/Sonic Assault》 

 当然、上述した通りのイゼット最高はコレ。《音波攻撃/Sonic Assault》はギルドを体現したカードなので、意識してドラフトしよう。