Guilds of Ravnica Limited Set Review: Artifacts, Lands, and Guild Ranking By Luis Scott-Vargas


www.channelfireball.com

f:id:takewithwater:20181002011424j:plain

 

《ディミーアのロケット/Dimir Locket》《ゴルガリのロケット/Golgari Locket》《イゼットのロケット/Izzet Locket》《セレズニアのロケット/Selesnya Locket》

f:id:takewithwater:20181002011527p:plain f:id:takewithwater:20181002011536p:plain f:id:takewithwater:20181002011544p:plain f:id:takewithwater:20181002011554p:plain

 リミテッド:2.0

 シールドで使った感想としては…まあまあ。中高域までマナカーブの伸びたデッキでなら使えるし、後半にドローに変えるのも悪くない。とはいえ3マナかかるのはねえ…。これまでの3マナ加速系よりは好きなので、皆がどう評価していくか楽しみだな。

 

《ボロスのロケット/Boros Locket》

f:id:takewithwater:20181002011724p:plain

リミテッド:1.0

 デッキに入れたら大間違い。ボロスはマナカーブが低くドローも不要なので、サイクルの中で段違いに弱い。

 

《庁舎の歩哨/Chamber Sentry》

f:id:takewithwater:20181002012040p:plain

リミテッド:3.5/4.0

 2色デッキでも充分。2マナ2/2で必要とあらば火力を飛ばすので、いつ引いても強い。カウンターが増えるのは強いから、これがあるなら片足入った門を積んでも良い(《ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate》をイゼットで使うとか)。回収するともなれば、フィニッシャーになる。サイズも4/4~5/5だから最高だ。成功した時のリターンがデカいので、見たら5色デッキを目指すよ。

 

《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》

f:id:takewithwater:20181002012050p:plain

リミテッド:1.5

 2色だとポンコツで、3色でも食指が動かない。使うなら4~5色デッキなので、滅多に組めないな。

 

《門番のガーゴイル/Gatekeeper Gargoyle

f:id:takewithwater:20181002012059p:plain

リミテッド:3.0

 門デッキの強さは不明だが、組むに足るカードの登場だ。2つで十分、それ以上ならバケモンだ。門5枚以上のデッキを想定した点数なので、それに満たないなら使わないよ。

 

《ギルドパクトの大剣/Glaive of the Guildpact》

f:id:takewithwater:20181002012107p:plain

リミテッド:0.5

 ゴミっぽい。門は自然と受け身デッキになるので、こっちはアグロ能力セット。流そう。

 

《猛り狂う聖像/Rampaging Monument》

f:id:takewithwater:20181002012122p:plain

リミテッド:2.5/3.5

 多色が数枚ならそこそこだが、5枚以上となれば驚異的だ。4/4を超えだすと猛り始め、爆走を続けるだろうな。

 

《静かな隠し矢/Silent Dart

f:id:takewithwater:20181002012131p:plain

リミテッド:1.5

 マナ効率が良くないし、どのギルドも除去の選択肢は他にある。とはいえ、落とせる範囲は広いので使うのに気後れしなくて良いよ。

 

《背骨のワンド/Wand of Vertebrae》

f:id:takewithwater:20181002012342p:plain

リミテッド:0.0

 いや、こっち使うのは恥だけどな?ゴミガリ宿根デッキの屋台骨になるかもしれんが、効果も速度も遅いので考慮に値しない。

 

ギルド門サイクル

f:id:takewithwater:20181002012409p:plain f:id:takewithwater:20181002012416p:plain f:id:takewithwater:20181002012425p:plain f:id:takewithwater:20181002012432p:plain

f:id:takewithwater:20181002012440p:plain

リミテッド:3.0

 2色合ってるなら、同レベルのコモンより優先して取っていい(既にカード取れてるなら特に)。アンコのダブシンサイクルがあったら更に上がるし、3色以上のデッキなら天井知らず。皆過小評価したがるから、3.25点にすべきと言えば強さが分かるかな。

 

《ギルド門通りの公有地/Gateway Plaza》

f:id:takewithwater:20181002012658p:plain

リミテッド:1.5

 3色以上でなきゃ使わないし、これより良いのは他にある。門シナジーが組めるとはいえ、余りに動きを遅らせる。

 

《ギルド魔道士の広場/Guildmages' Forum》

f:id:takewithwater:20181002012707p:plain

リミテッド:2.5

 多色生物が3あれば可、5以上なら大活躍だ。ちょっと遅いが、土地で+1/+1置けるのは凄いぜ。

 

ギルドランキング

5位:イゼット

4位:ゴルガリ

 この二つが抜けて弱い。良いカードもあるんだが、イゼットは限定的だしゴルガリは組みにくい。上手く行ったときは強いだろうが、他の3ギルドから差がつくだろうな。

3位:ボロス

2位:ディミーア

1位:セレズニア

 3者の差は狭いので、入れ替えても良い。セレズニアはどれも強く、《議事会の裁き/Conclave Tribunal》が環境最強除去なので高評価した。依然ほどトークン生成が多くなくとも、《包囲ワーム/Siege Wurm》や《薔薇たてがみのケンタウルス/Rosemane Centaur》へのジャンプはエグい。

 ディミーアは動きが安定しており、コモンの性能が高い(《霧から見張るもの/Watcher in the Mist》や《致命的な訪問/Deadly Visit》)。弱点としては特化デッキを組んだ見返りが小さく、マナ効率が悪いことか。

 ボロスも強力で《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire》は素晴らしいが、教導を使いこなすのが難しそう。結論としては、捨てギルドはなさそうだし環境の行く末が楽しみだ。ご笑覧どうも、レビューは閉幕だが…ゲームはこれから始まる!

Guilds of Ravnica Limited Set Review: Selesnya By Luis Scott-Vargas


www.channelfireball.com

f:id:takewithwater:20181002010639j:plain

 

《仲間意識/Camaraderie》

f:id:takewithwater:20181002010727p:plain

リミテッド:4.0

 見た目に違わず唱えて楽しいカードだ。3ドロー3ゲインは現実的で、ダメージも強化させる。そのぐらいのカードなので、セレズニアの妙味を楽しもう。

 

ケンタウルスの仲裁者/Centaur Peacemaker》

f:id:takewithwater:20181002010737p:plain

リミテッド:3.0

 ゲームを長引かせるカードなので、必ずしも相利的な能力ではない。仮に相手のデッキがよりコントロール寄りだったとしても、3マナ3/3だ。ボロス相手に特に効くが、相手を選ばないよ。セレズニアはライフレースよりサイズ命だからな。

 

《議事会の騎兵/Conclave Cavalier》

f:id:takewithwater:20181002010745p:plain

リミテッド:4.0

 これが手に入るなら何だってするよ。PIG抜きにしても良レシオだし、込みで考えれば環境有数の生物。一度じゃ死なない4マナ4/4警戒は馬鹿げてるので、オーラや追放除去のない相手を踏みつぶしていく。

 

《議事会のギルド魔道士/Conclave Guildmage》

f:id:takewithwater:20181002010755p:plain

リミテッド:3.0

 サイクル中最低だが、それでもギルド魔導士。後半使える能力持ち(一つだけかな。緑能力はクソ)を持った2マナ2/2は上等。それに《世界魂の巨像/Worldsoul Colossus》にトランプル付与できたら素敵だな。

 

《協約の魂、イマーラ/Emmara, Soul of the Accord》

f:id:takewithwater:20181002010808p:plain

リミテッド:3.5

 有効活用できるデッキを組めたら大活躍。バットリや除去で支援したら差が拡がり、召集できたら最高だ。デッキの完成度で強さが変わるので、組めることを願うばかりだ。

 

《盾連携/Join Shields》

f:id:takewithwater:20181002010825p:plain

リミテッド:0.5

 こいつは駄目。5マナでサイズの上がらないバットリなので、汎用性がない上に終盤まで使えない。アタック生物を壊滅させることもあるが、といって擁護する気にはなれない。

 

《秋の騎士/Knight of Autumn》

f:id:takewithwater:20181002011023p:plain

リミテッド:4.0

 使い道の広いカードは好きなので、ピンポイントで働く3能力持ちは素晴らしい。3マナ4/3のモードで腐りようがなく、状況を選ばず強い。リミテより構築向けだが、喜んで使うよ。

 

《レーデヴの勇者/Ledev Champion》

f:id:takewithwater:20181002011032p:plain

リミテッド:3.5

 召集パンプ持ちが3マナは上出来だし、兵士量産はロングゲームの決め手になる。単体で強く召集/トークン生成と相性が良いので、セレズニアは喉から手が出るほど欲しい。トークン生成と活用の両方を持っているのは素晴らしいので、デッキの質を向上してくれる。

 

《大集団の行進/March of the Multitudes》

f:id:takewithwater:20181002011047p:plain

リミテッド:3.5

 トークンが並んでお次は何だ?追加のトークンだ!その通りで、大量のトークンで相手を踏みつぶす。1/1だからといって、絆魂は馬鹿にならないぞ。

 

《薔薇たてがみのケンタウルス/Rosemane Centaur(GRN)》

f:id:takewithwater:20181002011056p:plain

リミテッド:3.0

 これぞセレズニアの根っこ…こいつらってベジタリアン?それともグルテンフリー主義?いずれにせよ、素晴らしいレシオだ。4マナで唱えれたら十分だし、それより軽ければ尚良し。セレズニアはトークンで押すのではなくデカ物で殴るデッキなので、これなり《包囲ワーム/Siege Wurm》なりの登場はそんなに早くない。

 

《スマーラの森整形師/Sumala Woodshaper》

f:id:takewithwater:20181002011109p:plain

リミテッド:3.0

 森に分け入り過ぎるなよ、4マナ2/1は展開が遅れるからな。とはいえ1~2枚積んでおけばアドを稼ぎつつ上等な生物(若しくは《光明の縛め/Luminous Bonds》)を探し出してくれる。

 

《不和のトロスターニ/Trostani Discordant》

f:id:takewithwater:20181002011117p:plain

リミテッド:4.5

 5マナ5/8相当、そのうち4/4分は絆魂。神話とはいえ、セレズニアでも有数の馬鹿レシオだ。除去されても上等で、生物奪取してきたディミーアをぶっ潰す機会もあるだろう。

 

《世界魂の巨像/Worldsoul Colossus》

 f:id:takewithwater:20181002011222p:plain

リミテッド:3.0

 使って分かったけど《包囲ワーム/Siege Wurm》以下だな。とはいえ包囲ワームなので色が合えば入る。それに7/7で出せたら強いしな。

 

《ヴァーナーディーの盾仲間/Vernadi Shieldmate》

f:id:takewithwater:20181002011234p:plain

リミテッド:1.5

 2マナでも弱い方だけど、足りなければどうぞ。2/2は直ぐ死ぬから警戒の意味は薄いが、召集と相性が良いよ。

 

《確証+確立/Assure+Assemble》

f:id:takewithwater:20181002011249p:plain

リミテッド:3.5

 どっちのモードも強いし、《確証/Assure》が軽いのは良いね。そっちの方が使用頻度は高いけど、騎士生成も悪くない補完だ。

 

《開花+華麗/Flower+Flourish》

f:id:takewithwater:20181002011259p:plain

リミテッド:3.5

 見た目大したことないが、実質タップインランドなことを考えるとカードパワー高いぞ。6マナ側のマナ効率が微妙なのを加味しても、土地サーチは強力だ。1つ目の能力で白緑デッキの土地枚数を節約できる、土地1これで回るからな。タッチするほどのカードじゃないので、セレズニア以外では使わない。

 

最重要コモン

《薔薇たてがみのケンタウルス/Rosemane Centaur》

 セレズニアを象徴するカードなので、あるだけ入れよう。理想的な展開をしつつ、攻防どちらにも活躍する。

 

 

Guilds of Ravnica Limited Set Review: Izzet By Luis Scott-Vargas

 

www.channelfireball.com

f:id:takewithwater:20181002005705j:plain

 

《標の稲妻/Beacon Bolt》

f:id:takewithwater:20181002005804p:plain

リミテッド:3.0

 全部のイゼットに入る訳ではないし(9枚以上スペルが欲しい)、先にスペルを貯めておく必要がある。とはいえ一たび組めれば強力だ。最弱カードを捨てつつ6マナ払えば2体始末できるのはテンポが良い。表で2/2を始末したものが、再活で6/6を落とす場合もあるので、墓地が貯まるのを待てるのは良いな。

 

《光線分割の魔道士/Beamsplitter Mage》

f:id:takewithwater:20181002005821p:plain

リミテッド:1.5

 多色の2マナには足りない。《模写/Quasiduplicate》でもなければ爆アドを引き出すのは難しい。《最大高度/Maximize Altitude》をコピるのが現実的だが、ぶっ壊れってほどじゃない。デッキの核というよりは、アグロイゼットのマナ埋め役かな。

 

《弾けるドレイク/Crackling Drake》

f:id:takewithwater:20181002005830p:plain

リミテッド:3.5

 巨大飛行持ちでアドが取れるんだから、大いに目を惹く。キャストし辛さと呪文の補助が必要な分割り引いて考えるべきではある。とはいえイゼットはスペル沢山だしギルド門を高めに取れば補える。それに足るカードだ。4.0に移るかもな、それぐらいハマった時の強さが凄まじい。

 

《火想者の研究/Firemind's Research》

f:id:takewithwater:20181002005844p:plain

リミテッド:1.0/3.0

 こいつは専用デッキが必要だぞ。研究開発の世界のように資源投下が必要だが、生み出す利益が大きい。自身でドローが循環するのも素敵だ。ドローを始めればそれがスペルを引き込み、またカウンターが貯まり…。再活は2度溜まるし。

 いずれは科学者の性なのか爆弾を作る材料が揃うので、世界を終わらせる手段となる。使うには再活含みでスペルが10以上欲しいが、喜んでプレイするよ。

 

《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer》

f:id:takewithwater:20181002005859p:plain

リミテッド:3.0

 意外かもしれないが3.5寄り。イゼットが必要とする性能を色々持っているからだ。2マナと軽く、イゼットの勝ちパのダブルアクションを可能にする。《音波攻撃/Sonic Assault》を裏表で唱えて8点突っ込ませるとか。高評価に違わぬカードだよ…ラヴニカへの帰還の頃とは段違いの性能だ。

 

《高熱仮説/Hypothesizzle》

f:id:takewithwater:20181002005907p:plain

リミテッド:3.0

 こいつの強さは仮説じゃない。ドローと盤面干渉がセットだ。5マナ予言に4点火力がついていると考えると良い。土地ではなく実を捨てざるを得ないとはいえ、強力なカードだ。キャスト時に対象は取らず、捨てた時に初めて対象を選ぶカードなのは注意な(ルールの細目は説明しないよ)。ほんと強くて好きなカードだ。イゼットならあるだけ積むし、タッチするディミーアも出るだろう。

 

《イオン化/Ionize》

f:id:takewithwater:20181002010038p:plain

リミテッド:2.0

シールド:3.0

 おまけの本体2点を喜ぶのはリミテより構築向きだが、そもそもカウンター自体が構築向けだな。構築は動きが固定化されてるので、ここぞでカウンターを構えるのが簡単だから。大概のイゼットに入るが優先度は低いし、ボムレアには程遠い。

 

《団体のギルド魔道士/League Guildmage》

f:id:takewithwater:20181002010048p:plain

リミテッド:3.5

 青能力だけでも、ロングゲームを制する良カード。赤能力も青能力と補完をなしている。ドローすれば、コピーに足るスペルも見つかるからな。良いヤツなので、早めに見たら流れに関わらずピックするよ。

 

《パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun》

f:id:takewithwater:20181002010115p:plain

リミテッド:4.5

 ギルド門が3取れてたら5.0。4.5なのは唱え辛いからであって、バカ強い。ボムの要件を全部満たしている。

・(《議事会の裁き/Conclave Tribunal》除き)除去耐性あり、スペル毎にドローする

・優勢でダメ押し、劣勢でも強い(ドローと火力で瞬く間に盤面を駆逐する)

・単体でも強い癖に、シナジった時に更に暴れる

 唱えられればセット最強なので、門やロケットを集めて叩き付けよう。

 

《イゼット副長、ラル/Ral, Izzet Viceroy》

f:id:takewithwater:20181002010124p:plain

リミテッド:4.5 

 スタンの5マナPWの法則に従っているので(忠誠値5、+でドロー、-3で除去)当然強い。小マイナスを有効活用するにはスペルの量が必要だが、一たび組めれば文句は出せない。

 

《音波攻撃/Sonic Assault》

f:id:takewithwater:20181002010136p:plain

リミテッド:3.0

 イゼットの動きが集約された1枚。再活はコントロール向きにも設計できたが、アグロ向きのご様子。複数寝かせて大ダメを通すのはイゼットが望むカードだ。一気に使わず2Tに分けて打点を稼ぐことも可能なので、どちらでも強い。アグロでしか強くないカードなので、ガンガン攻めるデッキで活用しよう。

 

《千年嵐/Thousand-Year Storm》

f:id:takewithwater:20181002010145p:plain

リミテッド:1.0/2.0

 メチャ重くて準備が必要だが、長引けば爆アドを稼ぐこともある。1Tにスペルを3回唱えればゲームが終わるが、そうそう起きないし盤面干渉しない6マナエンチャを先置きする必要がある。低評価せざるを得ないが、試してみたい気持ちもある。

 

《小柄な竜装者/Wee Dragonauts(GRN)》

f:id:takewithwater:20181002010300p:plain

リミテッド:3.5

 Weeeee!(dragonaught)。

 イゼットで他に3マナ3/3(5/3の時も)飛行はないので、ギルド有数のアタッカーだ。油断してると瞬く間にゲームを終わらせるのが愉快だな。

 

《ピストン拳のサイクロプス/Piston-Fist Cyclops》

f:id:takewithwater:20181002010315p:plain

リミテッド:3.0

 イゼットの混色は得してるな。ボロスではゴミだし、ディミーアでも使い難いから誰も取らない。打点が高いし、《音波攻撃/Sonic Assault》や《最大高度/Maximize Altitude》のお陰で殴るターンに通しに行ける。

 

《発展+発破/Expansion+Explosion》

f:id:takewithwater:20181002010348p:plain

リミテッド:3.5

 どっちも限定的だが(《発破/Explosion》は7マナ以上欲しい)、それゆえ分割は強い。《発展/Expansion》は相手もコピーできるので、除去をコピれるのは良い使い方だ。どっちも限定的だが使うに足る能力だ。《発破/Explosion》をX=3以上で唱えれば、ゲームに勝てる。

 

《反転+観点/Invert+Invent》

f:id:takewithwater:20181002010359p:plain

リミテッド:1.0

誤植:0.0

 ヘンテコだし、汎用性ないし、アドモードは重い。使い道分かってもデッキに入れないよ。テキストにないけどエラッタ出てるぞ、《反転/Invert》の効果はターン終了時までだ。

最重要コモン 

《音波攻撃/Sonic Assault》 

 当然、上述した通りのイゼット最高はコレ。《音波攻撃/Sonic Assault》はギルドを体現したカードなので、意識してドラフトしよう。

 

 

 

Guilds of Ravnica Limited Set Review: Golgari By Luis Scott-Vargas

www.channelfireball.com

f:id:takewithwater:20181002004301j:plain

 

《暗殺者の戦利品/Assassin's Trophy》

f:id:takewithwater:20181002004447p:plain

リミテッド:4.0

 2マナで何でも割れるのでアンコ以下の除去とは比較にならない。撃つ頃には土地を与えるのも大したデメリットにならない。落とすなら重い(デカい)ヤツにしたいので、2マナなのは嬉しい。土地立ててバットリとして使ったり、2アクションしたりできる。序盤の土地加速には意味があるので、5T以内には打ちたくない。とはいえ止むを得ない戦況なら、勿論打つよ。

 

《納骨堂のトロール/Charnel Troll》

f:id:takewithwater:20181002004455p:plain

リミテッド:3.5

 墓地を喰い尽くすリスクや、他の宿根を弱体化させるデメリはある。その代わりドデカボディが手に入る。6T目に2アクション取れる6マナ扱いしようか、序盤には先ず出せないから。制約はあるが、素晴らしい能力だ。猶予は短いので、ターンを経るデメリは大きくない。マナレシオも凄まじい。

 CharnelFireTroll(ChannelFireBall)ジョークも考えたが、疲れちゃった。兎も角良いカードだ。

 

《往時軍の強兵/Erstwhile Trooper》

f:id:takewithwater:20181002004505p:plain

リミテッド:3.0

 大抵のゴルガリで使えるな。16体以上生物が欲しいところだが、用意出来たら容易ならぬ生物となる。例えばボロス相手に3Tに出たとしよう。バットリがなければアタック出来ないし、あったとしても2:2交換だ。宿根稼ぎに使えトランプルもあるので、ゲームをシメにいく手段として良さそうだ。

 

《光胞子のシャーマン/Glowspore Shaman》

f:id:takewithwater:20181002004514p:plain

リミテッド:3.0

 機能が複数ある2マナ圏で、宿根の相棒として有数の性能だ。3/1に3枚削りがついているので、墓地に1~2体送るのは容易い。《よろめく根茎/Rhizome Lurcher》を4T目に4/4として出す仕込みにピッタリだ。ドローを飛ばすものの、3枚目の土地に辿り着く手段にもなる。盛り沢山なので、どんなゴルガリデッキでもお呼びがかかる。宿根が薄くとも、スクリュー回避する2マナ3/1となれば取って損はない。

 

《ゴルガリの拾売人/Golgari Findbroker》

f:id:takewithwater:20181002004528p:plain

リミテッド:4.0

 高評価。観てきた通りゴルガリは諜報や《光胞子のシャーマン/Glowspore Shaman》でデッキ削りが得意なので、これは単なる1ドローじゃない。レシオも上等なので、アドもテンポも取れる。唱えにくかろうと、この評価は変わらない。

 

《千の目、アイゾーニ/Izoni, Thousand-Eyed》

f:id:takewithwater:20181002004537p:plain

リミテッド:4.5

 十分なシナジーあってこその4.5点だが、宿根が薄くとも4.0。虫が2体でも合計レシオは十分で強力な生贄能力を備える。3体以上ともなればフィニッシャーになるし、6T目まで生き残るのは然して難しくない。トークンでチャンプしつつ手札とライフを得れば更にゲームは長引き、ゴルガリのアド戦略と合致する。このカードに目がないよ、今セット最高の1枚に数えられるな。

 

《腐れ巨人/Molderhulk》

f:id:takewithwater:20181002005149p:plain

リミテッド:1.5

 一方使いたくない宿根。《包囲ワーム/Siege Wurm》より軽い状況なんて滅多になく、ETBはほぼ無価値。墓地が溢れる頃ともなれば土地は沢山並ぶし、その時でも回収する土地があるかは怪しい。宿根特化デッキならトップのカードに採用できるかもしれないが、5~6T目に唱えられるか甚だ疑問だ。その辺りで出せるなら使いようがあるんだがね。

 

《オクランの暗殺者/Ochran Assassin

f:id:takewithwater:20181002005158p:plain

リミテッド:3.5

 ゴルガリはパンプの欲しい色じゃないが、こいつは例外。+3/+3修正を与えられれば最大4体を落とせる。そこまでいかずとも、2~3体落とすのは現実的だ。単除去としても換算でき、除去できないのはタップ状態の飛行ぐらいか(地上はブロックし、アンタップの飛行はブロックさせる)。残りの自軍を通す役割もあるので、それらがセットになって3マナというのは大盤振る舞いだ。

 

《よろめく根茎/Rhizome Lurcher》

f:id:takewithwater:20181002005207p:plain

リミテッド:3.0

 宿根やる甲斐のあるコモン。2体落ちればレシオ以上となり、それを越えればゲームを制する。宿根はやり辛いとしても使うに足るカードなので、ゴルガリの花形(萎びてるが)コモンだ。

 

《群集のギルド魔道士/Swarm Guildmage》

f:id:takewithwater:20181002005217p:plain

リミテッド:3.5

 タップが本当に痛い。3/2威迫として殴れたのに。とはいえ、劣勢優勢どちらでも使え、膠着を打開する。大した2マナだ。

 

《地底街の反乱/Undercity Uprising》

f:id:takewithwater:20181002005229p:plain

リミテッド:2.5

 小粒(《泥棒ネズミ/Burglar Rat》《気前のいい野良猫/Generous Stray》)が多ければ、価値は上がる。接死付与して殴りにかかれるし、トランプルとはプチコンボになるぞ。

 

《地底王国のリッチ/Underrealm Lich》

f:id:takewithwater:20181002005237p:plain

リミテッド:4.0

 除去耐性が高く、生き続ける限りドローを高める。宿根を供給しつつライフが危険域でなければアタッカー/ブロッカーとして活躍する。ドロー操作と除去耐性がセットになった優秀なカードなので、先ず流さない。

 

《ゴルガリの女王、ヴラスカ/Vraska, Golgari Queen

f:id:takewithwater:20181002005345p:plain

リミテッド:4.0

 強いよ。小中サイズをシバきつつ、余剰パーマネントをドローに変える。即+2を使えば忠誠値も高いので、弱点と言えばデカ物から身を護れないことか。だからボムとは差が開いた。4マナ飛行や《包囲ワーム/Siege Wurm》から守る手段がないと弱いからな。奥義はこれまでのヴラスカと同じなのでゲームでも使うし、ストーリー部分も楽しみだ。

 

《冷酷なゴルゴン/Pitiless Gorgon》

f:id:takewithwater:20181002005355p:plain

リミテッド:3.0

 唱えやすいゴルガリなら名ブロッカーとなり、ディミーア/セレズニアでも使える。殴って相打ちさせることも出来、《確実な一撃/Sure Strike》を除く他バットリの心配もない。ゴルガリにぴったりのカードなので、早めに拾っておこう。

 

《採取+最終/Find+Finality》

f:id:takewithwater:20181002005408p:plain

リミテッド:4.0

 途轍もない分割カードだ。後半になれば2体回収(ゴルガリなら簡単だ)になり、必要とあらば強力な全除去にもなる。+2/+2されれば-4/-4修正を生き延び、周りは全滅必至。どちらも長期戦向きとはいえ、セットになったこいつは強力だ。

 

《席次+石像/Status+Statue》

f:id:takewithwater:20181002005417p:plain

リミテッド:4.0

 軽バットリと除去の組み合わせと言えば《完全+間隙/Integrity+Intervention》と同じだな。軽いコストでコンバットを制したり2~3体ブロックを潰しつつ、無条件除去にもなる。

 

最重要コモン

《よろめく根茎/Rhizome Lurcher》

 ゴルガリのゲームプランを体現する1枚。労に足る能力だし、シナジーが薄くても強い。宿根は使い勝手が良いものには見えないが、それは彼の責ではない。

Guilds of Ravnica Limited Set Review: Dimir By Luis Scott-Vargas


www.channelfireball.com

f:id:takewithwater:20181002003122j:plain

 

《巧みな叩き伏せ/Artful Takedown》

f:id:takewithwater:20181002003313p:plain

リミテッド:3.5

 最高だな。使い道が沢山で、マナも重くない。単除去としても十分だし、複数のアタッカー/ブロッカーをさっと邪魔できる。色が合えばあるだけ入れるよ。

 

《詭謀+奇策/Connive+Concoct》

f:id:takewithwater:20181002003359p:plain

リミテッド:4.0

 かつての分割カードほどネーミングが上手いとは思わないが(火/氷や《旗幟+鮮明/Appeal+Authority(HOU)》)、詭謀が素晴らしく奇策も強いとなればセットは益々強い。低中マナ生物の奪取に4マナの価値があるし、強化版墓からの復活(自墓地限定だが)も素敵な選択肢だ。片方だけでも使えるから、強さが分かるだろ?

 

《闇刃の工作員/Darkblade Agent》

f:id:takewithwater:20181002003408p:plain

リミテッド:3.0

 コモンと知ってビビった。最初にテキストから見たので、アンコかな…もしかしたらレア…と想像した。それぐらい強いよ。まあ効果が複雑だからレアリティを見誤ったんだが。誘発は容易で、インスタントタイミングの諜報と相性が良い。諜報が豊富なので専用デッキも必要ない。単に強いカードさ。

 

《ディミーアの偵察虫/Dimir Spybug》

f:id:takewithwater:20181002003417p:plain

リミテッド:3.0

 これも同じ。諜報が多いので自然と採用できる。諜報を重ねれば凄まじいサイズに膨れるし、実質ブロック不可なので磨きがかかるな。

 

《発見+発散/Discovery+Dispersal》

f:id:takewithwater:20181002003432p:plain

リミテッド:3.0

 片方が実質定業なので勇んで使うよ。諜報シナジーも形成するしね。もう片方にバウンス(ハンデスのおまけ)もあるから更に強いな。

 

《虚報活動/Disinformation Campaign》

f:id:takewithwater:20181002003442p:plain

リミテッド:3,0

 これまた素敵だ。効果は遅いが、素晴らしい。単体で1ドローし、諜報を加えれば2枚以上引ける(都度3マナかかるが)。相手がハンドを使いきるのでディスカード側は長期戦では弱くなるが、専用デッキが組みたいカードだ。

 

《静める者、エトラータ/Etrata, the Silencer》

f:id:takewithwater:20181002003602p:plain

リミテッド:4.5

 テキストを読み煮詰めて、アタックが通るとデッキに帰ることが漸く分かった。テキストが分かれば、強さも実感できる。ブロッカーとして立ち塞がり、望む相手と供死にする。シャッフルもそこまでの欠点じゃないよ、諜報が多ければ何度も暗殺者を繰り出せる。

 

《家門のギルド魔道士/House Guildmage》

f:id:takewithwater:20181002003611p:plain

リミテッド:3.0

 (マナをかけ)デカ物を氷漬けにし、長期戦のドローを高める。強力なカードなので、パックで見かけたらディミーア家の門に下ろう。

 

《万面相、ラザーヴ/Lazav, the Multifarious》

f:id:takewithwater:20181002003619p:plain

リミテッド:4.0

 高評価も納得。序盤に微アドを稼ぎ、終盤は最強の死んだ(諜報した)生物に姿を変え暴威を振るう。普通の意味でのボムレアではないが、どの局面でも強いイカしたカードだ。

 

《記憶の裏切り/Mnemonic Betrayal》

f:id:takewithwater:20181002003627p:plain

リミテッド:1.0/3.0

 カードにデッキを合わせられるかにかかっている。《悪逆な富/Villainous Wealth(KTK)》や起源の波のようにマナは大量にかかるが、効果は絶大。特にディミーア相手なら墓地の選択肢を増やしてくれるが、問題はこれを唱える7~8マナまで生き残れるかだな。活躍の機会はめったにないが、コントロール特化なら良いフィニッシャーになるよ。

 

《夜帷の捕食者/Nightveil Predator》

f:id:takewithwater:20181002003636p:plain

リミテッド:3.0

 これもマナが問題。唱えやすければ3.5になるんだが。総合力が高く、安全にダメージを稼ぎつつ、相手の最大生物と相打ちできる。クロックが欲しいディミーアもあろうから、除去の効かないコイツは信頼できるぜ。

 

《概念の雨/Notion Rain》

f:id:takewithwater:20181002003644p:plain

リミテッド:3.0

 慈雨に浴せ。大好きな骨読みが、諜報と墓地シナジーで更に強化された。予言と違って2色かかる分色事故回避にならないが、強カードの評価は過言じゃない。

 

《正気泥棒/Thief of Sanity》

f:id:takewithwater:20181002004107p:plain

リミテッド:4.0

 通るたびアドを稼ぐ低マナ飛行は是非欲しい。おまけに除去されても追放カードを唱えられる。マナに見合わぬ効果なので、引いた瞬間爆誕させるよ。

 

《思考消去/Thought Erasure》

f:id:takewithwater:20181002004121p:plain

リミテッド:3.0

 リミテのハンデスは必ずしも評価しないが、興味を惹く能力だね。手札最強のカードを引っこ抜きつつ、諜報1を行う。腐ることがない。

 

《漂流自我/Unmoored Ego》

f:id:takewithwater:20181002004133p:plain

リミテッド:0.0

 テキストがどうたら書かれているが、ヒッドいものなので絶対流す。頼むからリミテで根絶系は使うな。1枚分の価値がないし、キーカード1種のみに頼り切ったデッキなんて滅多にない。3マナと1枚を浪費するな。

 

《囁く工作員/Whisper Agent》

f:id:takewithwater:20181002004144p:plain

リミテッド:3.0

 手堅いカードだってことは秘密じゃないな。イゼットやゴルガリでも使うだろ。良能力2つでこのレシオ。大した塩梅だ。難なく相打ちし、予期せぬタイミングで3点殴り、おまけにドローを調整する。

 

最重要コモン

 《闇刃の工作員/Darkblade Agent》

 これぞディミーアの顔役だが、《概念の雨/Notion Rain》も負けていない。どちらもディミーアをやる理由だし、合わされば凶悪だ。諜報はセットいち使い勝手の良い能力に見えるので、ディミーアをやれたら満足だ。

Guilds of Ravnica Limited Set Review: Boros By Luis Scott-Vargas

f:id:takewithwater:20180930152305j:plain

 

《正義の模範、オレリア/Aurelia, Exemplar of Justice》

f:id:takewithwater:20181002002301p:plain

リミテッド:4.5

 ボムはかくあるべしという能力で、たった4マナ。第一に、出したターンから付与される+2/+0その他の能力。第二に、4マナ2/5飛行という恵まれたサイズ。極めつけに、教導があるため殴るたびアドを生む。自身も対象に取れるので、4/5飛行警戒にすれば教導の対象には先ず困らない。これ以上のボムがあるかい?

 

《ボロスの挑戦者/Boros Challenger》

f:id:takewithwater:20181002002310p:plain

リミテッド:3.5

 序盤に殴れ後半でも使える。これぞボロスに必要なもの。1マナ圏は素で強化し、マナさえあれば自身と他生物も強化できる。

 

《栄光の好機/Chance for Glory》

f:id:takewithwater:20181002002426p:plain

リミテッド:0.0

 全くの無とまでは言えないが、効果がクソ過ぎ。これじゃなきゃ勝てない状況があるの?3/1と4/2教導が沢山並んでいるなら、破壊不能で殴った上で、追加ターンで致死ダメージを与えられよう。雑に打てないから汎用性が皆無…使い道があるか甚だ疑問だ。次ゲームに死ぬからバットリとも呼べない。栄光があるとすれば、トップデッキが絶対必要な時くらいか。手札がこれだけなら、豪運を相手が思い知るからな。

 

《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》

f:id:takewithwater:20181002002436p:plain

リミテッド:3.0

 ボロスは全除去がぴったりのギルドではないが、劣勢やダメージレースを制せるのだから十分かな。教導なら自軍の一部を火力圏外に出せるので、ゲームプランを立ててもくれる。

 

《初々しい補充兵/Fresh-Faced Recruit》

f:id:takewithwater:20181002002444p:plain

リミテッド:2.5

 色拘束が薄い上、殴り易く教導の恩恵がデカい。ボロスは低マナの生存が重要なので、優先度の高い2マナ生物だ。先制攻撃が自ターンのみというのも良い。常時だったら、地上がビタ止まりになったろうから。活躍しそうだ。

 

《駐屯地の兵長/Garrison Sergeant》

f:id:takewithwater:20181002002639p:plain

リミテッド:1.0/3.0

 門が3枚もあれば、優秀な5マナ圏だ。守る門がないうちは、貧弱なトカゲ止まりだが。

 

《槌落とし/Hammer Dropper》

f:id:takewithwater:20181002002648p:plain

リミテッド:2.0

 殴れば直ぐ死ぬサイズだが、バットリの使いどころ。ブロック止む無しゆえ、《確実な一撃/Sure Strike(GRN)》辺りは除去に変わる。それに3マナと相打ちしようと+1/+1が乗っかるなら、悪い交換じゃない。

 

《完全+間隙/Integrity+Intervention》

f:id:takewithwater:20181002002701p:plain

リミテッド:3.5

 片方だけでも採用レベルなので、セットになったら素晴らしい。即取ってウキウキ使うし、色タッチも出来る。アグロイゼット/セレズニアでジャイグロとして撃ち、色を足せれば稲妻のらせんとして運用できる。

 

《裁きの一撃/Justice Strike》

f:id:takewithwater:20181002002713p:plain

リミテッド:3.5

 出来た除去。漏れはあるが、落とす範囲が広く2マナゆえ流すことはない。

 

《軍勢のギルド魔道士/Legion Guildmage》

f:id:takewithwater:20181002002725p:plain

リミテッド:3.0

 何でギルド魔導士をタップ能力にしちゃうかなー。そこまでの弱体化じゃないが、あるなしの落差は大きいよ。いずれにせよ、殴れる2マナに中・終盤向き能力があるのは素晴らしい。どっちもマナ効率は悪いのを注意して欲しいが、選択肢があるだけで充分さ。

 

《反応+反正/Response+Resurgence》

f:id:takewithwater:20181002002736p:plain

リミテッド:3.5

 追加コンバットが欲しいならこっちだな。<反応>が汎用性の塊の除去なので、強力だが限定的なフィニッシュ手段を補う恰好の相棒だ。9割は《ギデオンの叱責/Gideon's Reproach》強化版として振る舞うが、1割では<反正>を打って勝つこともある。良い塩梅なので、喜んでピックするよ。

 

《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire》

f:id:takewithwater:20181002002858p:plain

リミテッド:3.0

 ボロスの要となる生物なので、3.5つけようか迷った。着実にダメージを稼ぎ、教導対象として最適。教導との相性が最高で、教導生物しかいない盤面から突然走り出して恩恵に浴する。

 

《薙ぎ払いの巨人/Swathcutter Giant》

f:id:takewithwater:20181002002909p:plain

リミテッド:3.0

 ガッチリサイズの6マナで、ボロスに膠着盤面を打開する力を与える。打点が高く、1ダメによって弱兵は強兵と打ち合えるようになる。ボロスに6マナは積んで1枚だが、採用に足るカードだ。

 

f:id:takewithwater:20181002002919p:plain

リミテッド:3.5

 ホント良いな。単体では2/1とどっこいだが、教導やバットリでサイズが上がれば、3能力は段違いに強くなる。教導の最高の相棒なので、流れてきたらボロスがら空きのサインだ。

 

《軍勢の切先、タージク/Tajic, Legion's Edge》

f:id:takewithwater:20181002002928p:plain

リミテッド:3.5

 変な絵柄はおいといて、引いた途端戦況を変える切先となる。お供が居れば4/3相当サイズになり、先制攻撃のおかげでマナさえあれば止めるのも困難。ダメージ軽減が働く機会は少ないが、あって損なし。

 

《真火の隊長/Truefire Captain》

f:id:takewithwater:20181002002936p:plain

リミテッド:3.0

 マナ拘束はデカい。WWRRは2WRよりずっと唱え辛い。ダメージの稼ぎ頭であり、教導があるからマスブロ。バットリと組むと凶悪で、サイズを上げて生存させつつ、本体に3~4点も飛んでいく(《確実な一撃/Sure Strike》でなければね)。

 

最重要コモン

《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire》

 これぞボロスの体現。空いてることを伝える最高のシグナルであり、ボロスデッキの要諦だ。

 

Guilds of Ravnica Limited Set Review: Green By Luis Scott-Vargas


www.channelfireball.com

f:id:takewithwater:20180930152513j:plain

 

 《優しいインドリク/Affectionate Indrik》

f:id:takewithwater:20180921143008p:plain

リミテッド:3.0

 6マナ4/4は物足りないが、格闘がついてくるなら上々。強制ではないので、パンプを挟まれたら格闘せずとも好い。格闘には珍しいので、そんな状況になったらお得だ。

 

《樹木園の精霊/Arboretum Elemental》

f:id:takewithwater:20180921143027p:plain

リミテッド:3.0

 手間はかかるが、フィニッシャーになれる。トークン製造が少ないから前ほど召集は強くないが、だからといって9マナのこれを6マナで唱えられない訳じゃない。マナ相応だし、コントロールが対処するには至難のカードだろう。

 

《獣に囁く者/Beast Whisperer》

f:id:takewithwater:20180921143040p:plain

リミテッド:4.0

 対処されねば獣の咆哮で満たされる。軽さに反して影響がとんでもないな。同じターンに他の生物を唱えるよう抱えることができれば、アド確定。取れたら生物カウントを増やすが、12~14体でも使えるよ。それだけ効果が絶大で、且つ軽い。

 

《力の報奨/Bounty of Might》

f:id:takewithwater:20180921143056p:plain

リミテッド:4.0

 弱く使いようがない。+9修正なので通してたら即死、ブロックしてたら盤面壊滅。受けにすら使える。近年稀に見るバーランカードだ(来るのを予期できないのがエグい)。

 

《迂回路/Circuitous Route》

f:id:takewithwater:20180921143107p:plain

リミテッド:2.0/3.0

 普通のデッキでは、名前通り。目的地に着くまで遠回りをする。5マナがトップのデッキでは4マナ加速は大したことない。ランプに特化したデッキなら、6~7マナ圏にジャンプする鍵になる。ドローとも相性が良く、ドローと4マナ圏を一気に唱えるのを可能にする。これと《管区の案内人/District Guide》でアンコモン5色が組めそうだが、《都市の楽園/Urban Utopia》やロケットなどコモンでも色サポートがあるな。

 

《押し潰す梢/Crushing Canopy》

f:id:takewithwater:20180921143142p:plain

リミテッド:1.0

シールド:3.0

 御多分に漏れず、ドラフトではサイド、シールドではメイン。アーティファクトは割れないから、環境に溢れるロケットを潰せないのは注意。

 

《デヴカリンの造反者/Devkarin Dissident》

f:id:takewithwater:20180921143151p:plain

リミテッド:2.5

 マナカーブを埋め後半使える軽量生物なので、召集デッキでお呼びがかかる。パンプ効率の悪さが今一つだが、環境の速度如何かな。

 

《管区の案内人/District Guide》

f:id:takewithwater:20180921143202p:plain

リミテッド:3.5

 大ファンの国境地帯が、門もサーチできるなんて。全色に渡りをつけられるので、即ピック安定。アンコなのは残念だが、コモンにするとガバガバ多色になるからだろうな。

 

《気前のいい野良猫/Generous Stray》

f:id:takewithwater:20180921143229p:plain

リミテッド:3.0

 召集と宿根があるので、3.0つけるのに吝かではない。単体で3マナの価値があり、シナジーで更に強化される。猫は9つの魂を持つというが、即座にチャンプや生贄に捧げるのは笑える話だ。

 

《ゴルガリの略奪者/Golgari Raiders》

f:id:takewithwater:20180921143615p:plain

リミテッド:1.5

 宿根の評価は低い。デッキに拠っては中盤4/4で出せても、大抵のデッキでは小さすぎる。元を取るには4/4にしたいところだが、2/2止まりが多すぎるのを考えると使う気が失せる。心してほしいが、専用デッキを必要とするカードでキャントリや諜報を駆使すれば評価以上の働きをすることもあろう。でも宿根カードの質を思うと気が乗らないなあ。

 

《絡み合うモウセンゴケ/Grappling Sundew》

f:id:takewithwater:20180921143624p:plain

リミテッド:1.5

 召集デッキには低マナが必須なので、《包囲ワーム/Siege Wurm》なりを叩き付ける時間を稼ぐ手助けになるかも。けど教導環境でパワー0防衛を使うかは甚だ疑問だ。優先度は低いし、後半に破壊不能を持とうが評価は上がらない。

 

《孵卵場の蜘蛛/Hatchery Spider》

f:id:takewithwater:20180921143634p:plain

リミテッド:3.5

 これぞ使い甲斐のある宿根。唱える頃には墓地は自然と溜まり、マナコストに見合ったレシオを備える。これが入ってるなら緑に傾けたいが、無理しなくて良いよ。空振りしても上等なサイズさ。

 

《絡み爪のイトグモ/Hitchclaw Recluse》

f:id:takewithwater:20180921143654p:plain

リミテッド:2.5

 受け身デッキなら絡みに行きたくなる相手。《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire》をビタ止めする。尻でっかちの弱点として教導に弱いが、セレズニア・ゴルガリが欲しがるカードだと思う。

 

《鋼胴の甲虫/Ironshell Beetle》

f:id:takewithwater:20180921143705p:plain

リミテッド:2.0

 選択肢のある2マナ2/2なので、レシオ相応だ。ここぞサイズアップするのは素敵だし、残った1/1は召集・宿根の種になる。アグロなら上々の2マナ圏だし、ミッドレンジ・コントロールでも低マナが足りなければ採用しうる。

 

《クロールの食料隊/Kraul Foragers》

f:id:takewithwater:20180921143716p:plain

リミテッド:2.5

 ゲインを狙わなくてもいいぞ。5マナ4/4はほぼ要求サイズを満たしている。場面によっては5点以上ゲインして容易く状況をひっくり返すだろう(4/4が残るから殴り始められる)。

 

《クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner》

f:id:takewithwater:20180921143734p:plain

リミテッド:3.0

 ヘンテコなヤツだ。2マナ3/2到達は上等だし、時にはデカい飛行も撃ち落とす。テキストがとんでもなく長いけれど。ダメージ付与ではなく飛行なので、銛撃たれた飛行側も叩き返してくるのは注意な。

 

《大群の力/Might of the Masses》

f:id:takewithwater:20180921143743p:plain

リミテッド:2.0

 横並びデッキでは;4/+4修正を与え大活躍する。デッキを選ぶカードだが、専用デッキが必要なほどではない。生物が16体以上、低マナ大目にしたいところだし、トークン生成があると良いね。

 

《無効皮のフェロックス/Nullhide Ferox》

f:id:takewithwater:20180921143752p:plain

リミテッド:4.5

 4マナ6/6の時点でぶっ飛んでるし、プラス能力まで付いて来る。キャスト制限なので厳密にはプラス能力ではないが、マナ払う側は除去を打つ相手だろう。それに《泥棒ネズミ/Burglar Rat》のハンデスに合わせられたら、ゲームはそこで終わり。

 

《群れの好意/Pack's Favor》

f:id:takewithwater:20180921143959p:plain

リミテッド:2.5

 バットリをお探しなら、こいつは買いだ(バットリ市場って云うと野外市で、巨大化や《力強い跳躍/Mighty Leap》を値切ってそう)。フルタップから飛んでくるので、環境をプレイしていく中で頭痛の種になるだろう。

 

《内省のための小休止/Pause for Reflection》

f:id:takewithwater:20180921144008p:plain

リミテッド:1,0

 フォグに召集が付こうが限定的すぎる。《力の報奨/Bounty of Might》相手にはサイドインを考えるが、躊躇しちゃうよ。

 

《生皮収集家/Pelt Collector》

f:id:takewithwater:20180921144020p:plain

リミテッド:3.0

 生物沢山ならすくすく成長する。序盤強く、後半でも使える大した1マナだ。

 

《落とし格子の蔦/Portcullis Vine

f:id:takewithwater:20180921144030p:plain

リミテッド:2.0

 大半の防衛はゴミだが、ニッチな壁専用デッキは好きだ。後半要らなくなった壁を再利用する能力は使いようがあるので、他に壁がいなくともプレイするよ。

 

《捕食/Prey Upon》

f:id:takewithwater:20180921144040p:plain

リミテッド:3.0

 緑はサイズがでかいものなので、使うのは容易。加速出来る分ゴルガリよりセレズニアの方が適しているが、どっちでも強い。

 

《包囲ワーム/Siege Wurm》

f:id:takewithwater:20180921144049p:plain

リミテッド:3.0

 種のばら撒きや三つ揃いの霊魂が居らず些か色褪せるが、召集フィニッシャーに依然として有望だ。色が合えば使われるし、マナカーブが低いデッキでは特に活躍する。

 

《芽吹く更生/Sprouting Renewal》

f:id:takewithwater:20180921144218p:plain

リミテッド:3.0

 これぞメインから積める帰化。2/2警戒として腐らず、他の生物で早めに唱えることも可。こんだけ汎用性のある生物は大好きだ。

 

《都市の楽園/Urban Utopia》

f:id:takewithwater:20180921144235p:plain

リミテッド:1.5/2.5

 3色デッキを除けば効果に比して重すぎる。これ加速じゃなくて色サポだけだからな!3色以上じゃないと使えない。

 

《活胞子ワーム/Vigorspore Wurm》

f:id:takewithwater:20180921144249p:plain

リミテッド:3.0

 コモンとは思えぬ効果なので、見逃すな。宿根パンプはダメージを稼ぎつつ、警戒によって隙を埋める。6/4は死にやすいが、ダブブロ不可によって止めるのが困難になる。6マナゆえ大量には積めないが、ゴルガリのフィニッシャーに選びたい。

 

《鮮烈な蘇生/Vivid Revival》

f:id:takewithwater:20180921144258p:plain

リミテッド:1.0/3.0

 勝ちをものにするパワーを感じるな。3枚フルに回収でき(返しで死ななけ)ればゲームセット。惹かれるものがあるので、これを核にデッキを組みたい。3色が良さそうだが、カードの流れによっては1ギルドでも使えそう。

 

《用心深いオカピ/Wary Okapi》

f:id:takewithwater:20180921144310p:plain

リミテッド:1.5

 大抵の2マナと相打ちなので、食指が進まない。大した働きをしないので、3マナが足りなければ埋める程度。オカピ自体はカワイイ動物だよ、先週デンバー動物園で観たもん。

 

《野生の角獣/Wild Ceratok》

f:id:takewithwater:20180921144327p:plain

リミテッド:2.0

 使えるレシオではあるんだけど、気は乗らない。Andrew Baeckstromについてのジョークを捻ることも出来るけど、流石にガキっぽいかな(それに彼はもうプラチナプロだからギャグが成立しないし)。

 

《動じない大ワーム/Impervious Greatwurm》

f:id:takewithwater:20180921144354p:plain

リミテッド:1.5

 対処不能…相手だけじゃないぞ。キャスト難易度が半端ないし、トランプルが無いのはクソ辛い。トークン生成を軸に組めば6~7T目に唱えられるが、チャンプで凌げるから大したことないな。

 

(訳者註:ワームはパックから出ません。それとAndrew Baeckstromのギャグの下り分かる人居たら教えてください)

コモン3選

3位:《気前のいい野良猫/Generous Stray》

2位:《包囲ワーム/Siege Wurm》

1位:《捕食/Prey Upon》

 トップ争いは熾烈だが、トークン生成の少なさから王座を捕食に譲った。とはいえ黒ほど除去が豊富でなくとも、どちらも優秀なコモンだ。